写真:松平志穂(日本ペイントマレッツ)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

11日、オーストラリアオープン・女子シングルスの決勝トーナメントに松平志穂(7月世界ランキング165位・日本ペイントマレッツ)が登場し、ベルナデッタ・スッチ(同19位・ルーマニア)と対戦した。スッチはヨーロッパ選手の中で世界ランク最上位に位置する実力者。試合は一進一退の攻防が続き、フルゲームデュースにもつれ込む大激戦となったが、最後は松平に軍配があがった。

試合後松平は「以前負けていた相手。自分の中で上手くいかなかったことの方が多く、納得できない気持ちで試合をしていた。もっと簡単に考えた方がよかったが、勝てたので良かった。サーブから上手く攻められた」と耐えに耐えたフルゲームデュースの試合を振り返った。

次戦の孫穎莎(スンイーシャ・同11位・中国)戦に向けては、「ジャパンオープンでは1-4で敗れたが、自分が思っているよりもサーブや攻撃が効いたので、強いと思いすぎないようにして、強気なプレーをしたい」と力強い意気込みを語った。

詳細スコア

〇松平志穂 4-3 スッチ(ルーマニア)
12-10/9-11/9-11/11-9/11-7/9-11/13-11

文:ラリーズ編集部