写真:宇田幸矢(手前・JOCエリートアカデミー/大原学園)、戸上隼輔(野田学園高校)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

11日、オーストラリアオープン3日目、男子ダブルスの決勝トーナメントがスタート。宇田幸矢(7月世界ランキング99位・JOCエリートアカデミー/大原学園)/戸上隼輔(同175位・野田学園高校)ペアと丹羽孝希(同12位・スヴェンソン)/張本智和(同4位・木下グループ)ペアが登場した。

宇田・戸上の高校3年生の同級生コンビは、中国の馬龍(マロン・同5位)/林高遠(リンガオユエン・同2位)ペアと対戦。日本の若手ペアは、中国ペア相手にもまったく物怖じせず、第1ゲームを先取する。

しかし、中国ペアは落ち着いて第2、第3ゲームを取り返し、勝負は第4ゲームへ。宇田・戸上ペアは、宇田のチキータでノータッチエースを奪うなど、思い切ったプレーを見せ、第4ゲームを奪い最終ゲームに持ち込む。最終ゲームは、さすが中国ペアと言った落ち着いた試合運びで、序盤に点差をつけられ6-11。宇田・戸田ペアは、中国相手に大健闘を見せるもフルゲームで惜敗した。敗れはしたものの堂々とした戦いぶりを見せた高3コンビのこれからの活躍にも期待だ。

一方、丹羽・張本ペアは、ドイツのパトリック・フランチスカ(同17位)/リチャード・ワルザー(同36位)と対戦した。観客席から日本語で「頑張れー」と声援が飛ぶ中、日本ペアは幸先よく第1ゲームを奪う。しかし、その後は流れを掴めずゲームカウント1-2と後がなくなり、第4ゲームは意地を見せるも反撃もここまで。最終ゲームを9-11で落とし、丹羽・張本ペアは初戦で姿を消すこととなった。

詳細スコア




写真:丹羽孝希(左・スヴェンソン)、張本智和(木下グループ)/グループ撮影:ラリーズ編集部

宇田幸矢/戸上隼輔 2-3 〇馬龍/林高遠 (中国)
11-8/8-11/9-11/11-4/6-11

丹羽孝希/張本智和 2-3 〇フランチスカ/ワルザー(ドイツ)
11-5/6-11/6-11/11-7/9-11

オーストラリアOP 3日目の見どころ

文:ラリーズ編集部