ピッチコンディション

 すべてのスタジアムのピッチコンディションが悪かった。大会中、多くの選手や監督がピッチに悩まされ、嘆いていた。

 まず口火を切ったのはウルグアイのルイス・スアレスで「ピッチが固すぎて、自分のしたいプレーができない」と発言。またペルーのリカルド・ガレカ監督も「スタジアムは最高だが芝は最低だ」とコメント。その後、リオネル・メッシが「ボールがうさぎのように飛び跳ねる」と嘆いたことで、その事実は広く知れ渡った。


2-1でチリを破った3位決定戦では笑顔も見せたメッシだったが...

 photo by Watanabe Koji

 通常、コパ・アメリカのような大きな大会では、各チームに対して前日に15分間、試合で使うスタジアムで練習する権利が与えられる。だがそれも、芝を保護するためという理由で、少なくともグループステージの4試合でキャンセルされた。メディアは運営側に理由を尋ねたが、最後まで明確な答えは与えられなかった。

高すぎるチケット

 アメリカ大陸(南米はもちろん、北中米でも)で、サッカーのチケットはそれほど高くはない。60%のブラジル人は300ドル(約3万3000円)程度の月収で暮らしている。しかし、今回のコパ・アメリカのチケットは、最低でも100ドル(約1万1000円)、高い席だと1250ドル(約14万円)もした。スタジアムに空席が見られたのもそのためだ。とくに経済的に貧しい国のサポーターにとっては厳しい大会となった。

 しかし運営側は、約1000万ドル(約11億円)というコパ・アメリカ史上最高の売り上げを記録したと豪語している。

空席の目立つスタジアム

 大会の半分以上の試合で、観客数は1万人を超えなかった。中には5万人入るスタジアムに4000人しか入らない試合(ボリビア対ベネズエラ)もあった。高額なチケットが原因だが、サッカーを愛する国としては恥ずかしいことである。

無能な審判

 大会史上初めて導入されたVAR判定。試合の熱気や臨場感が奪われてしまったなど、評判は散々だったが、混乱に輪をかけたのは審判だった。重要な大会であるというのに、優秀な審判があまりにも少なかった。ミスジャッジが多く、ほとんどの試合でなんらかの問題があったと言っていい。

 試合の行方にかかわる重大なミスも少なくなかった。準決勝のブラジル対アルゼンチン戦で、アルゼンチンに2本のPKを与えなかったことはメッシを怒り狂わせた。また決勝での2つのPKは、VARで確認したにもかかわらず、結局ジャッジを変えなかった。いくらVARを導入しても、最終的に判断する審判のレベルが低ければ意味はない。

 スペインの新聞『マルカ』は、「コパ・アメリカのチャンピオンはブラジル、歴史に残る敗者は審判」と報じた。

アルゼンチン

 アルゼンチンはメッシなしでは成り立たないが、メッシがいても苦しむ。経験の浅いリオネル・スカローニ監督はチームを掌握することができず、選手たちはピッチで苛立ちを見せた。最終的には3位になったが、グループリーグで敗退していても不思議ではなかった。

オタメンディ

 ブラジルでも母国アルゼンチンでも、なぜニコラス・オタメンディがマンチェスター・シティの選手でいられるのか、疑問に思う者が多かった。アルゼンチン最大がっかりで、コパ・アメリカ中最低の選手のひとりだった。誰もが彼に、もっとすばらしいパフォーマンスを期待していたに……。

メッシ

 メッシは持てる力の40%ぐらいしか出すことができず、チームとともに苦しんだ。そして平常心をなくし、大会そのもののあり方を批判した。「この大会はブラジルが有利になるように仕立ててあって、ブラジルが優勝するようにお膳立てされていた」「審判のせいでアルゼンチンは負けた。ヤツは恥知らずで、買収されていた」……。そして、南米サッカー連盟は堕落していると食ってかかった。

 ブラジルの監督チッチは、そんなメッシを「他人へのリスペクトを持ち、負けることも知らなければいけない」と、強い口調で非難した。

チアゴ・シウバ

 チアゴ・シウバはアルゼンチン戦を前に、「メッシは史上最高のサッカー選手だ。彼はピッチの中でも外でも我々の手本であり、常にリスペクトしなければならない」と言っていた。しかし、ブラジルが優勝すると「メッシは相手をリスペクトしない。彼のような選手は、負けた時の態度も手本であるべきなのに、終わってから見苦しく騒ぐとはどういうことだ」と言い出した。いったいどっちが彼の本音なのか。あまりの変わりように、すっかり信用を失った。

ガリー・メデル

 今大会で最もひどいシーンは、3位決定戦のアルゼンチン対チリ戦でチリ代表ガリー・メデルが見せた振る舞いだった。メデルはまず、世界中に中継しているテレビカメラと審判の目の前で、3度メッシを叩き、3人のアルゼンチン選手と争った。退場処分を受けると、警備員を突き飛ばし、あけくの果てに口に入っていたガムをチリのサポーターに向けて投げつけた。その後、チームバスの前でもサポーターとトラブルを起こしており、まさにチリの恥であった。

ガブリエル・ジェズス

 決勝のブラジル対ペルー戦で、エベルトンの先制ゴールをアシストし、勝ち越しのゴールも決めたガブリエル・ジェズス。マン・オブ・ザ・マッチも期待できる大活躍だったが、2枚目のイエローで退場になったことですべてが水の泡となってしまった。

 退場の際、ガブリエル・ジェズスは審判に食ってかかり、「こいつは試合を盗む泥棒だ」とジェスチャーで示し、水のボトルを蹴り飛ばし、VARブースに突進し、記者に向かって「とんでもない間違いだ」と叫んでいた。ロッカールームに行くことを泣きじゃくりながら拒否したので、警備員とチームメイトが彼をピッチから連れ出さねばならなかった。