写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

10日、「アスリートイメージ評価調査」の2019年6月調査の結果が発表され、早田ひな(日本生命)が、「純粋な」アスリート部門で1位、「明るい」アスリート部門で3位にランクインした。「アスリートイメージ評価調査」とは、アスリートの総合的なイメージを測定する調査のことで、株式会社博報堂DYスポーツマーケティングとデータスタジアム株式会社が共同で行っている。

今年に入り、3つの国際大会を制している早田ひな。持ち前の純粋さと明るさで、日本女子卓球を牽引していくことに期待だ。

詳細なランキング結果

「純粋な」アスリート

1位:早田ひな(卓球)
2位:大坂なおみ(テニス)
3位:白井健三(体操)
4位:髙梨沙羅(スキー・ジャンプ)
5位:羽生結弦(フィギュアスケート)

「明るい」アスリート

1位:福士加代子(マラソン)
2位:大坂なおみ(テニス)
3位:早田ひな(卓球)
4位:白井健三(体操)
5位:八村塁(バスケットボール)

文:ラリーズ編集部