COLLEGE MONSTERS

大学というステージで、勉強とスポーツの両立を目指し、日々切磋琢磨する学生アスリートの素顔を紹介するインタビュー企画です。CATが注目する学生アスリートの魅力を深掘りしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
・名前:井上慈元(いのうえ・じげん)
・身長/体重:165cm/60㎏
・所属:慶應義塾大学ボクシング部
・出身高校:広陵高校

この競技を始めたきっかけを教えてください。
中学2年生の頃、「はじめの一歩」というボクシング漫画を読んでやってみたいと思ったのがきっかけです。

この競技の好きなところを教えてください。
ルールがシンプルなのに奥が深いところ。
拳のみで戦うのに相手との距離感や駆け引きなど頭で考えながらやっていかないと勝つことができない奥の深いスポーツです。
ここに魅力を感じます。

将来の夢を教えてください。
プロボクサー。

一問一答

スポーツ以外に夢中なことは何ですか?
最近は、読書にハマっています。
卒論関係の本、実用系、スポーツ系、教育系などなどジャンルを問わず、タイトルが気になったらついつい買ってしまいます。

好きな言葉は何ですか?
「努力は才能を超える」
僕の好きなボクサーの言葉です。
正しい努力を続けることで、才能のある人たちを超えることができると思って、この言葉を心に刻み、日々努力しています。

得意な科目は何ですか?
社会学系。
地域課題に目を向け、フィールドワークに出向き、解決策を模索しています。

最近、ブルッたことは何ですか?
チームが強豪校に勝ったこと。
先日、我々慶応ボクシング部が2部リーグ強豪校相手になんとか競り勝ちました。
勝利が決まった瞬間、涙がこみ上げてきました。まさに努力が才能を超えた瞬間だと思います。

小学生の頃の夢は何でしたか?
プロボクサー。

あなたが尊敬する人は誰ですか?
京口紘人選手。

夢に向かって日頃から心がけていることは何ですか?
誰よりも努力することを意識している。
夢を叶える最短の近道は、他の誰よりも正しい努力をすることだと思っています。

あなたが思う大学スポーツの魅力は何だと思いますか?
同世代の人たちと真剣勝負できること。
同世代の人と真剣勝負をし、終わった後は互いに健闘を称え合い、仲良くなる。
これが大学スポーツ、学生スポーツの醍醐味であると思います。