リオデジャネイロ五輪・競泳男子200メートルバタフライ決勝が日本時間の8月10日に行われ、坂井聖人が銀メダルを獲得した。続けて行われた、800メートルリレー決勝では、萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志の布陣で臨んだ日本が銅メダルを獲得している。

日本競泳陣のメダルラッシュを現地で観戦している元競泳選手の北島康介さんは、インスタグラムを更新。「おめでとう!」と祝福している。800メートルリレーは1964年の東京五輪以来、52年ぶりのメダル獲得となり、「感動したよぉ」と北島さんは、後輩たちがつくった新たな歴史に感極まっているようすだ。

北島さんのインスタグラムにファンからは、「感動をありがとう!」「涙出ました!」「ドキドキでした!」「日本水泳選手団素晴らしい!」「ここまで来るのにどれだけの努力があったか計り知れない!本当におめでとう!」など祝福する声が寄せられていた。

【リオ2016】坂井聖人が銀、800mリレーで銅獲得…北島康介が競泳メダルラッシュを祝福

【リオ2016】坂井聖人が銀、800mリレーで銅獲得…北島康介が競泳メダルラッシュを祝福

アテネ五輪、平泳ぎ100mで金メダルを獲得した北島康介(2004年8月15日)

アテネ五輪、平泳ぎ100mで金メダルを獲得した北島康介(2004年8月15日)