古豪復活の看板を背負う。今年度も多くの新星が加入した明大競走部。長距離、短距離、競歩の各部門、新戦力として大きな期待がかかる。今特集は全7回に分けて19人のルーキーを紹介する。

 第6回は、三上晋弥(理工1=立命館)、富田峻平(営1=八千代松陰)の2人です。(この取材は6月15日に行われたものです)


 

三上

ーー明治大学に入った理由は何でしょうか。

「一度練習に参加したことがあって、その時に先輩方の雰囲気や練習の雰囲気が良くて、過ごしやすそうな感じで。4年間やっていくというのを考えるとストレスとかも少なく生活できるし、良い練習もできるかなと思いました」

ーー他の大学の選択肢は。

「あったんですけど、やっぱり雰囲気がよかったのと、あと理系のキャンパスが寮から遠い学校が多いんですけど、明治は通える距離なので。理系の先輩も数名いらっしゃるので、お話も聞けるかなと思いました」

ーー刺激を受けている選手はいますか。

「僕が一番下というか、チームの中でも下の方なので、特定の人はいないですけど。下だとあとは上を抜かすだけなので、気持ち的には結構フレッシュな状態で挑んでいます。周りの走ってる人に食らいつくという感じです」

ーー今年度の目標は何でしょうか。

「持ちタイムがあまり良くないので、5000メートルでは14分20秒を切るぐらいまで持っていって、10000メートルでも29分台出せるようにして、2年生や3年生になった時に、全日本や箱根に出場できるようにしていきたいと思います」

ーー自分の持ち味は。

「結構高校時代から一人で練習することが多くて、一人でも自分を追い込んで練習できるところが長所だと思います。長距離のペースを守って走れるという点では自信があります」

ーー4年間の目標と意気込みをお願いします。

「箱根出るために東京に来たので、必ず箱根に出場して、チームの入賞に貢献したい気持ちが強いです」

 

富田

――明大競走部を選んだ理由は。

「父が明大競走部のOBで、箱根駅伝の時の話とかも聞いたりしたのですごく興味を持って、入部を決めました」

――先輩方とはどうですか。

「優しく接してくれて、話しかけやすい人達ばかりなのでそういう意味ではすごく優しい人達です」

――ライバル意識を持つ同期はいますか。

「基本的にはほとんどの人が、5000mでは自分よりタイムが良いので全員がライバルですね」

――記録会での自己ベスト更新が続いていますね。

「練習は大学入ってから順調にできているので、大学でやってきた練習に自信を持って記録会に臨んでいるので、そういうのがタイムとかに少しずつ出てきているのだと思います」

――専門が3000メートル障害の理由は。

「父が少しやっていたのを聞いたのもそうですが、高校の時から特殊な種目に興味を持っていたので選びました」

――今年の目標は。

「出られる大会には積極的に出場して、持ちタイム自体もそんなに高くはないのでどんどん上の人を追い抜いて更新していきたいです」

[競走部担当一同]