全日本男子代表チームは、6月30日に終了したバレーボールネーションズリーグの予選ラウンドを7勝8敗の10位で終えた。7月10日からの決勝ラウンドには進めなかったが、昨年の同大会は6勝9敗の12位だったため、一定の評価はできるかもしれない。それでも、全日本の戦いからは明確な”狙い”が見出しづらかった。



エースとしてチームをけん引した石川祐希

 昨年に新設されたネーションズリーグは、参加国の多くが国内リーグを終了して間もない5月下旬に予選ラウンドが始まり、各チームが5週にわたって世界各国を回りながら3戦ずつ計15試合を行なう。大会の前身であるワールドリーグでは予選が9試合(2017年の大会)だったこともあって、決勝ラウンドに進む可能性が高い強豪国の選手たちからは「スケジュールをなんとかしてほしい」という声が挙がるほど、超ハードな日程になっている。

 そのため、予選ラウンドから決勝ラウンドまでベストなメンバーで臨む国は少ない。週によって中心選手が顔を揃えることもあれば、若手選手に替えて経験を積ませることもあり、相手に合わせた戦術が立てにくい大会と言っていいだろう。

 そのなかで、全日本2年目のオポジット・西田有志は、19歳ながらキャリアの浅さをまったく感じさせない成績を収めた。すべての参加選手のうち、ベストスコアラーとベストサーバーに輝くなど、若手の枠を超えて”ガイチジャパン”の主力選手として成長を遂げていることを証明した。

 西田の得点数が多かったことは、各国が選手を入れ替えながら戦っていた影響があり、逆に言うと、全日本の攻撃が西田に集中してしまったという見方もできるが、それでも十分に快挙だ。とくにサーブについては、たびたびチームの苦境を救うなど、まだ10代の日本人選手が世界的なサーバーとなったことは何より明るい材料だろう。

 そんな西田と共に、ほぼ連日で試合に出ていたのは、ミドルブロッカーの小野寺太志と、エースの石川祐希だ。石川は昨季、ネーションズリーグ帯同をやめて体づくりに励み、世界選手権に万全の体調で臨むことができた。そのあとのイタリアリーグでも全試合でスタメン出場を果たし、今年度の全日本合宿では、久しぶりに最初から全体メニューに参加していた。

 全日本が昨年の同大会を2チームの日替わりで戦っていたことを考えると、今大会は石川、西田、小野寺を軸としたチームづくりを見据えていたのかもしれない。東京五輪に開催国枠で出場する全日本は予選を戦わないため、限られた国際大会で”世界に勝てるチーム”の形を探ることは重要だ。

 しかしそう考えると、第4週のアメリカ戦で石川を出場させなかったことには疑問が残る。アメリカは今大会の予選こそ6位だったものの、2016年のリオ五輪で銅メダルを獲得するなど、現時点で世界ランキング2位の強豪国だ。収穫と課題を多く得られることが期待できる格好の相手に、それまでの試合で判断したベストな形をぶつけてみてもよかったのではないかと思う。

 もちろん石川の疲労を考慮された部分もあるだろうが、それならば、第3週の最後に戦ったオーストラリアや、アメリカと同じ第4週に戦った中国など、予選で負けが込んでいた”格下”のチームとの試合で休ませることも可能だった。また、力の劣るチームに対して確実に勝ちを拾うことを目標にしていたとするなら、昨年のようにメンバーを入れ替え、ケガを考慮しながら戦ってもよかったはずだ。

 西田と小野寺は予選ラウンドを乗り切ったものの、石川は第5週第2試合のポルトガル戦でケガを負い、戦線離脱を余儀なくされた。もちろん疲労がすべての原因とは言い切れない。しかし石川が、リーダーとしてチームをけん引する役割も担っていたことを忘れてはいけない。

 中垣内祐一監督は、今季の石川に「リーダーシップも求める」と語っていた。石川は高校、大学で主将の経験があるが、サーブレシーブにも入るなど全日本の”攻守の要”であるエースにかかる負担は大きかっただろう。本来であれば、主将の柳田将洋がけん引役の一翼を担うのだが、2月上旬に負ったケガから戻ってきたばかり。出場数も抑えられていたため、コート上でチームを盛り立てられる試合は限られてしまった。

 リーダー気質の選手が多すぎてもバランスが悪くなるリスクがある。それでも、現在の全日本にはそんな選手が足りない印象を受けた。さらに大きなプレッシャーがかかる東京五輪でも、石川と柳田のどちらかがチームを離れざるを得ないケースを想定しておくべきだろう。

 精神的な負担を軽減させるため、長く全日本で戦ってきた、リーダーシップもあるベテランを入れるのも手だ。そういったメンバー構成を含め、まずは9月のアジア選手権、そして日本で開催される10月のワールドカップにどう臨むかに注目したい。