古豪復活の看板を背負う。今年度も多くの新星が加入した明大競走部。長距離、短距離、競歩の各部門、新戦力として大きな期待がかかる。今特集は全7回に分けて19人のルーキーを紹介する。

 第5回は、黒髪悠太郎(政経1福岡大大濠)近藤亨(商1=愛知)櫻井日向(法1長野県長野)の3人です。(この取材は6月15日に行われたものです)


黒髪

ーー明大に入学した理由は。

 「まず自分自身がずっと箱根駅伝を走りたいなと憧れていて、親的にはある程度学力のあるところに行ってほしいということで、MARCHで箱根駅伝に出ているところということで、明治大学を選びました」

ーー田村圭(商2=春日丘)選手が同じ一般生です。

 「自分の中で目安というか、同じように伸びていきたいです。1年前の現段階で、田村さんがどうだったかというのを気にすることはあります。同じBチームで走ったりするので、しっかり田村さんに付いていければ、伸びていけるんじゃないかという感じはあります」

ーー尊敬する選手は。

 「阿部弘輝(政経4=学校法人石川)さんです。こんなに近くに世界レベルの選手がいたことがないので。練習のときの走りを見ていても、すごいなと思いますし、すごく尊敬しています」

ーー自身の強みは。

 「自分を貫けるというか、周りに流されないというのが自分の強みだと思っています」

ーー夏合宿で強化したい点はありますか。

 「5キロ以上の距離になってくると急激に落ちてくるので、長い距離を走れるようになりたいのです。持久力を強化していきたいです」

ーー4年間の意気込みをお願いします。

 「1番目は箱根駅伝を走ることで、もう一つは、走るのは大学までと決めているので、それ以降どうしていくかというのはさっぱり想像が付いていなくて。将来したいことを見つけていきたいとも思っています」

近藤

――現在の練習状況はいかがですか。

 「ケガ明けなのですが大学入ってから一番調子がいいです。4月中旬から足を痛めていて無理してやっていたので、5月の半ばで1回休んで復帰している状態です」

――入学後何回か記録会に出場されています。

 「思うような走りはできていなくて。フォームも崩れていたので休んだことで調子も戻せてきたと思います」

――世田谷記録会では3000メートルに出場されていました。

 「短い距離から長い距離につなげようとしたのですが足の調子が悪くて走れなかったです。単純に実力不足です」

――高校次のトラックレースを振り返っていかがですか。

 「昨年度のインターハイ予選では1500メートルで予選突破して決勝にいきました。目標は入賞で、できなかったのですが最低限というか決勝に行くことを最初の目標にしていたのでそれができたことは良かったです」

――駅伝の方はいかがでしたか。

 「大事な大会ではあまりいい結果は残せなかったのですが、今年度に入ってからは安定してロードも走れるようになってきました」

――県駅伝に出場されていました。

 「2位でもらったのですが、1位と差を広げられてしまってチームに申し訳なかったです」

――明大を選んだ理由は何ですか。

 「駅伝で活躍するためというのと、学業と部活を両立させたいので」

――三輪(軌道・理工4=愛知)選手と同じ高校ですね。

 「同じ部屋なのでかわいがってもらっています。高校の時はつながりはなかったです」

――大学では長い距離中心になります。

 「楽しみです。ハーフマラソンとか長い距離を走ってみたいです」

――この1年間の目標はありますか。

 「5000メートルで13分台を出して箱根のメンバーに入ることです」

櫻井

――明大を選んだ理由は。

 「箱根駅伝で走りたいっていう気持ちがずっとあったのが大前提なんですが、2年の丸山先輩(文2=佐久長聖)が中学の時にお世話になっていた先輩で、この部の良いところを話していたのでこの部に入ることにしました」

――明大の練習環境はどうですか。

 「自分のいた高校はあまり陸上が盛んではなかったので、大学の競技場があることに驚きました」

――今後の大会での目標はありますか。

 「自分はまだ同期のなかでは下の方なので、大会で結果を残すというよりは今ケガで練習にあまり出れていないので、4年間しっかり練習を続けられる体をつくって記録会で記録を着実に出していきたいです」

――これからの練習については。

 「まずはケガを治して復帰するのもそうですけど、復帰してすぐ怪我しないよう自分の走りの土台となるフォームや長い時間走れる体づくりをしていきたいです」

――大学生活通しての目標は。

 「箱根駅伝もそうですし、しっかりと4年間自分と向き合って人間としても成長していきたいです。その結果として箱根駅伝に出れるのが一番嬉しいですね」

[競走部担当一同]