<写真・敗北を悔しがる半田>

    7月6日、鳥取県鳥取市コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパークテニスコートにて令和元年度西日本大学対抗ソフトテニス選手権大会1日目の団体戦が行われた。

   関学はシードであったため2回戦からのスタート。初戦で京女大と対戦し、2試合目を落としたものの、2ー1で勝利した。続く、千里金蘭大戦。2戦目で中村(文4)・三輪(人1)ペアが敗北し、続く3戦目の山口(経4)・半田(法3)ペアも悪い流れを変えることができなかった。結果、1ー2で敗北し、無念の3回戦敗退となった。

   次戦はあす、鳥取大学にてダブルス1日目が行われる。

[本日の試合結果]

京女大戦

半田・三輪ペア ☆4ー2

山口・福田(教2)ペア ★3ー4

小林(人3)・村井(文3)ペア ☆4ー1

千里金蘭大戦

小林・村井ペア ☆4ー0

中村・三輪ペア ★2ー4

山口・半田ペア ★2ー4

試合後のコメント

中村仁菜主将「1回戦の入りから雰囲気が悪かった。ひやひやする試合ばかりで、選手たちもどこかで油断していたんだと思う。きょうは風が強く、揺れるボールに対応し切れなかったことも敗因の一つ。相手が誰であろうと向かっていく意識を持たないといけない。この負けが無駄にならないように、インカレまでに改めて意識を変え、試合を想定した練習をしていく。そして、最後はみんながやり切って、笑って終われるようにしたい」