◆2019年度夏季オープン戦◆

7月6日 対東京国際大 立大新座キャンパス

初回から赤塚(コ4=麗澤瑞浪)が2本の安打と四死球で2点を許す。しかし直後に、山田(コ1=大阪桐蔭)の適時打で同点に追いつく。3回には、金川(社2=立教新座)が適時三塁打を放ち、追加点を挙げた。さらに、田中大(社2=東農大二)の右犠飛により2点差に突き放す。投手陣は3回以降、1本の安打も許さず2点のリードを守った。オープン戦初戦を白星で飾った。


田中大の犠飛で生還した金川

電光石火の得点だった。初回、小野(文4=横浜)が自慢の快足を飛ばし内野安打で出塁。宮﨑仁(コ1=大阪桐蔭)がチームの課題で猛練習してきたバントを成功させ、金川も左前安打と二盗でチャンスを広げる。続く四番・山田の適時打で試合を振り出しに戻した。

3回、宮﨑仁は四球を選び出塁する。続く金川がラインギリギリに運んだ初球は適時三塁打となり、勝ち越しに成功した。さらに、田中大が放った打球は、右翼手方向に。金川が帰るには十分な飛距離だった。

投げては、赤塚が初回に2点を献上するも、その後立ち直り無失点。1、2回は右投げだったが、3回には、左投げを解禁。特徴である両投げで相手打者を翻弄した。4回からマウンドを託された江口(営4=浦和学院)は、冨永(コ3=桐蔭学園)のファインプレーにも助けられ、投球回全て三者凡退に仕留めた。中﨑(観3=立教新座)は7回からマウンドに上がり、最終回には三者連続三振。計6個の三振を奪った。リリーフした江口と中崎は一本の安打も許さず、立大投手陣の層の厚さを見せつけた。


三振を奪う中崎


活躍が光ったのは金川だった。二本の三塁打を含む、三安打。3番としての役割を果たし、チームの勝利に貢献した。秋のリーグ戦に向けて、猛アピールすることができた。
初戦勝利でスタートダッシュに成功した夏季オープン戦。来週は、社会人との戦いになるがこの流れで連勝を勝ち取りたい。
(7月6日・坂東和奏)