世界選手権ドーハ大会の代表が決まり、すでに発表されている男女マラソンと競歩を合わせた15名に続いて、今回の日本陸上競技選手権後に追加で選ばれた選手は男子6名、女子4名と少なかった。これは「優勝者で、なおかつ参加標準記録を突破している者のみ」という厳しい選考条件だったためだ。とくに男子短距離では、今回の日本選手権で2冠を達成した、サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が唯一の選出となった。



リレーでも活躍に期待がかかるサニブラウン・ハキーム

 また、男子4×100mリレーと男女4×400mリレーの代表候補選手も発表された。リレーで一番メダルに近い、男子4×100mリレーの候補は、サニブラウンのほか、桐生祥秀(日本生命)と、小池祐貴(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)、多田修平(住友電工)、坂井隆一郎(関西大)、川上拓也(大阪ガス)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)。日本選手権の100mの2位から8位までの選手が順に入った。

 このほか、日本選手権200m4位の白石黄良々(きらら/セレスポ)と7位の橋元晃志(富士通)が候補入り。気胸のため日本選手権を欠場した山縣亮太(セイコー)も、これまでの実績や世界リレー、ゴールデングランプリ大阪での貢献度を加味されて選出された。

 日本選手権100m2位と3位の桐生と小池も、すでに参加標準記録(10秒10)を突破しており、リレーでも個人種目でも代表選出は確実だろう。このほか、山縣は気胸の治療が最優先になるものの、1走としての走りは世界トップレベルで、2走の起用もできるだけに欠かせない存在になる。

 飯塚は、100mのレース後、「4位になったのは大きい」と、4×100mリレーのメンバー入りに強い意欲を持っていた。200m予選を軽い肉離れで途中棄権はしたが、9月の世界選手権に向けて問題はなさそうだ。2016年リオ五輪で2走を務めた飯塚は、チームをまとめる上で必要な戦力であり。4×400mリレーの候補にも入っている。

 さらに、世界リレーとゴールデングランプリ大阪で1走の役割をきっちりと果たした多田も、100mのシーズンベストを10秒12に伸ばしているだけに、代表入りの可能性を残している。

 日本陸連の麻場一徳強化委員長は「エントリーの上限は6名までなので、状況を見て5、6名を代表にする」と話す。前回の17年世界選手権では、100mと200mに出場したサニブラウンが200m決勝後に右ハムストリング上部に痛みが出てリレーを欠場。ケンブリッジも精彩を欠く走りになっていたため、決勝では藤光謙司(ゼンリン)にメンバー変更された。つまり、個人種目2種目を終えると、何かしらのアクシデントが起きるのはこれまでの常であり、東京五輪出場権を最優先に考えれば、5名ではなく6名の選出が妥当だろう。

 6人目の候補には、6月の日本学生個人選手権で10秒12を出した坂井や、60mの室内日本記録を持つ川上、実績のあるケンブリッジが挙げられるが、3人とも期限(9月6日)までに10秒0台を出さなければならない。

 また、サニブラウンがどこを走るかでオーダーが変わってくる。土江寛裕短距離部長は、バトン練習に参加できる機会も少ないことを考慮して、「サニブラウンは、使うなら1走か4走ということになる」と話す。

 さらに、本番でアクシデントが起きた場合に備えて、複数区間を走れる選手を多くすることが必要だ。その点では、桐生は3走のスペシャリストである一方、今季の2レースでは4走を務めている。リオ五輪で1走を務めた山縣も、今季は2走を2回走った実績がある。
 
 この中で、サニブラウンの爆発力を最大限に生かすなら、バトンを渡す心配がない、4走起用がいいだろう。そうなれば1走は山縣か多田、2走は山縣か飯塚で、3走は桐生か小池ということになる。

 世界選手権と五輪でのメダル獲得のためには、個人種目に出場する選手のダメージを想定したうえで、綿密な戦略を立てる必要があるだろう。