写真:森薗政崇(左・BOBSON)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアー・韓国オープン 2019年7月2日~7月7日>

5日、大会4日目を迎えた韓国オープン。男子ダブルス準決勝が行われた。準々決勝でドイツペアにリベンジを果たした吉村真晴(7月世界ランキング40位・名古屋ダイハツ)/森薗政崇(同33位・BOBSON)ペアが、中国の樊振東(同3位)/許昕(同1位)と対戦した。樊振東・許昕は先日のジャパンオープンで優勝しているペアだ。

森薗・吉村ペアは相手の回転量の多いドライブに苦しみながらも、前陣でのカウンター攻撃で得点を奪い、デュースで第1ゲームを奪う。第2ゲーム、序盤で吉村の両ハンド攻撃が冴えわたり、リードを広げるも、徐々に日本ペアにミスが出て9-11で落としてしまう。

ゲームカウント1-1で迎えた第3ゲーム、8-8から2本連続で中国ペアの攻撃がエッジとなり、8-10と追い込まれるも、強烈なチキータで得点し、デュースに持ち込む。ここで好ラリーを展開するも12-14で日本ペアはこのゲームを落としてしまう。後がなくなった日本ペアは第4ゲーム、積極的な連続攻撃で仕掛けにいくも、突き放され、ゲームカウント1-3。ベスト4で敗退となった。

試合後のコメント




写真:中国ペアに一歩及ばず/撮影:ラリーズ編集部

試合後「(3大会目だが)ずっといい試合ができてなくて、そろそろ強い選手にも勝ちたいなと思っていた。ドイツペアにリベンジできたし、中国ペアにもいい試合はできたので、いい大会にはなった。でも勝ちと負けでは大きく違う。チャンスがあっただけにすごく悔しい」と語った森薗。

接戦になった要因について「僕のレシーブをいろんなところに散らして、それに対する真晴さんの待ちもよかった。真晴さんのサーブもよかったので、技術的にいいところはすごく多かった」とジャパンオープンの反省を活かし戦えたことを明かした。

一方で「よくなかったのは、相手のゆっくり回転をかけてきた質の高いボールに対して。それをミスをしていると厳しい試合になってしまう」。吉村も「攻めている時に相手が一本グイっと打ってきたボールを決めきれなかった。そこをしっかり決めていれば、相手も無理して攻めてきて、点を取れていたはず」と敗因を分析した。

また、今後について吉村は「今後どのようなペアリングで出るかわからないが、マサ(森薗)と組むことがあれば、これ以上の成績を求めていきたい。対中国以外には必ず勝つ。対中国だったときにどうやって相手を崩して勝っていくかをまた組む時に練習していきたい」とコメント。

今大会は、前回敗れたドイツペアに見事リベンジを果たし、王者中国ペアとも激戦を繰り広げベスト4入りした森薗・吉村ペア。今後の活躍が期待される。

詳細スコア




写真:許昕(左)、樊振東(ともに中国)/撮影:ラリーズ編集部

吉村真晴/森薗政崇 1-3 〇樊振東/許昕(中国)
14-12/9-11/12-14/6-11

文:ラリーズ編集部