古豪復活の看板を背負う。今年度も多くの新星が加入した明大競走部。長距離、短距離、競歩の各部門、新戦力として大きな期待がかかる。今特集は全7回に分けて19人のルーキーを紹介する。

 第3回は、勝浦小太郎(商1=札幌山の手)、野口航平(商1=洛南)、渡邊颯一郎(法1=明大中野)の3人です。(この取材は6月15日に行われたものです)


勝浦

ーー明大に入った理由は何でしょうか 。

 「伝統ある大学で、箱根駅伝で出場して活躍したいと思って入学を決めました」 

ーー今どのような練習をされていますか。 

 「例えば木曜日とかは距離を長く走って、高校とは走る距離がだいぶ違ってくるので長い距離に対応できるように各自でのジョグなどでしっかりと距離を走れる体づくりをしています」 

ーー高校時代を振り返っていかがですか。 

 「高校時代は高校2年生の時に力がついた感覚っていうのがあったんですけど、高校3年生の時は満足のいく結果が全くなかったので、それを大学で挽回するというか、そういう走りをしたいなと思います」 

ーー北海道から上京してみていかがですか。

 「気温とかも全然違いますし、今梅雨ですけど北海道は梅雨もないですし、そういう環境の変化はありますね」 

ーー自分の持ち味は。

 「レースの中でラスト勝負になったときとかに負けてたまるかっていう気持ちとかで、最後の競り合ったときに勝ち切ることとかは自信あります」 

ーー今年度の目標は何でしょうか 

 「今年度はしっかり足づくりとかを、自分の自力をしっかり上げるってことを、しっかり練習積んでそういう力が付けるという練習を大事にしてやっていきたいと思っています」 

ーー4年間での目標をお願いします。

 「やっぱり一番は箱根駅伝を目標にしていて、ちっちゃい頃からテレビで見ていて憧れの舞台でもあるので、箱根では活躍したいなと思っています」 

野口

――現在の練習状況はいかがですか。

 「いろんなことに挑戦し過ぎている状態です。高校は練習で短い距離を走っていたのですが長い距離に挑戦したり。数値には表れていないですが少しずつ良くなってきています」 

――これまでで印象に残っているレースは何ですか。

 「昨年度のインターハイです。僕はキャプテンで、僕の種目はインターハイ初日にあり点数を取らないと駄目だったのですが勝ち切ることができなくて。チームも総合3連覇中だったのですが、僕の代で途切れてしまって。あの悔しさがあったから強くなれたと言える日までもっと頑張らないと駄目だなと思います」 

――明大を選んだ理由。

 「自分の陸上競技の本質を知りたいというか。洛南の偉大な先輩が順大と東洋大と東海大にいて高校の時はその人たちを頼りにしていたのですが、自分で強くならないと駄目だなと。自由にできる環境だったので選びました」 

――実際来てみて、明大のチームの雰囲気はいかがですか。

 「高校と比べたらフリーな感じだなと思って、もっと緊張感のあるチームづくりをしていかないと駄目だなと僕の中では思っていて。阿部(弘輝・政経4=学校法人石川)さん、古賀(友太・商2=大牟田)さんは自分の考えを持てていて、こういう選手にならないと駄目だなと。同期でも濱西(諒・文1=履正社)とかともご飯とか遊びに行ったり。強い人と共有することで常識のレベルの高さが上がるので強い人と絡んでいきたいと思います」 

――関東インカレはいかがでしたか。

 「練習が充実していなくて。かといって負けたくなかったんですけど、いろんなことを吸収できて。2部降格してしまって来年度は自分が点数を取って貢献したいと強く思った大会でした」 

――4年間の目標をお願いします。

 「1日でも早く日の丸を背負いたくて。日本のマイルを走ってみたいというのもありますし、3年生のときに中国で行われるユニバーシアードには必ず出場して世界の強い人たちと勝負できるように頑張りたいと思います」

 

渡邊

――明大競走部を選んだ理由は。

 「高校にスポーツ推薦で入学して、インターハイ目指してやってきたんですけど、南関東止まりのふがいない結果に終わってしまいました。そんな時に明大の渡邉コーチから声をかけてもらって、もう一度明大を背負って戦いたいと思いました。八幡山グラウンドも高校の時に使っていた場所だったので、使い慣れた環境で練習できるなら、と思って明大を選びました」 

――憧れの選手はいますか。

 「ウォルシュ・ジュリアン選手(富士通)ですかね。昨年度の全日本インカレを見に行った時に自分に自信を持って走る姿を見てかっこいいな、と思いました」 

――今の自分の課題は。

 「体力はある方なんですが、スピードがないので今後100メートルとか200メートルでも挑戦していけるようにしたいです」 

――関東インカレに出場してみていかがでしたか。

 「結構雰囲気にのまれやすいタイプでかなり緊張していたのですが、抜かせそうで抜かし切れない場面があって後悔もまだ残っている感じです」 

――練習は大変ですか。

 「関東インカレ終わってから練習メニューが出るようになって、それをこなすのが結構きついですね」 

――4年間通しての目標は。

 「日本選手権で活躍できる選手になることです」 

[競走部担当一同]