<写真・インカレ初出場で2勝を挙げた重村>

   7月5日、愛知県スカイホール豊田にて第89回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)が行われた。2日目のきょうから試合が行われ、男女ともに予選リーグ2試合に出場した。

   男子は初戦で北海学園大と対戦。1番手のエース高橋(商4)の勝利で流れをつかむと、インカレ初出場の重村(経1)もストレート勝ち。3連勝で一気に試合を決めた。続く慶大との2戦目も、3-0で圧倒。予選リーグ2連勝で、決勝トーナメント進出を決めた。

   一方女子も、最高のスタートを切った。インカレ初出場の選手がほとんどの中、文教大戦、朝日大戦ともに3-0で圧勝。男子に続いて決勝トーナメントへ駒を進めた。

   次戦はあす、同会場にて決勝トーナメント3回戦までが行われる。

試合結果

男子

予選リーグ1戦目  対北海学園大

高橋  ☆3-1

重村  ☆3-0

高橋・廣田雅(経4)☆3-0

予選リーグ2戦目  対慶大

重村  ☆3-1

大西尚(商3)☆3-1

高橋・廣田雅  ☆3-0

女子

予選リーグ1戦目  対文教大

宮脇(国4)☆3-0

秋山(教2)☆3-1

小脇(社4)・村田(文1)☆3-0

予選リーグ2戦目  対朝日大

宮脇  ☆3-1

村田  ☆3-1

小脇・村田  ☆3-1

試合後のコメント

卯木尚大男子主将(法4)「普段の環境と違う中で、うまくいかないところも多かったが、勝ち切れて良かった。目標にしているベスト4に入るためには、ダブルスで勝てるかがポイントになる。これまで全員で頑張ってきたので、あすも全員で勝ちたい」

宮脇千波女子主将「小脇以外は初めてのインカレで緊張したが、とりあえず勝てて良かった。昨年は決勝トーナメント1回戦負けだったので、今回はベスト8を目標に一戦一戦戦っていく気持ちでいる。きょう厳しい試合にならなかった分、あすはプレッシャーになる場面が出てくると思うが、全員で勝ちにいきたい。必ず2回以上勝ちます」