文=佐保めぐみ 写真=B.LEAGUE

「初めての移籍で新しいチャレンジに」

サンロッカーズ渋谷は今日、千葉ジェッツの石井講祐を獲得したことを発表した。

2013-14シーズンに練習生として千葉に入団した石井は、その後6シーズン同チームに在籍した。昨シーズンはレギュラーシーズン60試合に出場し、そのうち58試合で先発を務めチームの主力を担った。キャリア6年での通算3ポイントシュート成功率は41.4%と非常に高く、昨シーズンは過去最高の45.2%でベスト3ポイントシュート成功率賞を受賞し、チームの東地区優勝へ大きく貢献した。

石井はクラブを通して次のコメントを発表している。

「初めての移籍で新しいチャレンジになりますが、人生初の黄色のユニホームに袖を通して、ファンの皆さんの前でプレーする事が今からとても楽しみです!皆さんにとって素晴らしいシーズンになるように、選手としても人間としても更に成長して貢献していきたいと思います!」

石井は3ポイントシュートだけではなくディフェンスにも定評があり、リーグ有数の『3&D』プレーヤーと言える。また、Bリーグ屈指の強豪となった千葉で主力を担い、『勝ち方』を知っている点も、SR渋谷には心強いだろう。

SR渋谷は昨日、野口大介と関野剛平の獲得も発表しており、初年度以来となるチャンピオンシップ出場に向けた布陣が整ってきた。新天地で石井がこれまでと同等、もしくはそれ以上の結果を残すことができれば、東地区の勢力図は変わるかもしれない。