5・6日、2019シーズンのリードW杯第1戦がスイス・ヴィラールの地で開催される。ボルダリングW杯のシーズン閉幕から約1ヶ月。10月の千葉・印西大会まで続く、全6大会のシリーズ戦が今年も開幕する。

 開幕戦となる今大会。日本からは、既にリードW杯で表彰台を経験している楢崎智亜、野口啓代を筆頭に男女7名ずつがエントリーした。最注目は、リードW杯デビューとなる15歳の森秋彩。昨年にはこの種目で国内を制するなど、高校1年生ながらその実力は国内屈指。同じくデビュー戦となる谷井菜月、昨季W杯で決勝に進出している平野夏海もリードに強く、彼女たち十代選手の活躍に期待したい。

 また、男子にも5月のコンバインドジャパンカップで圧巻の登りを披露した原田海や、リードを得意とする波田悠貴、本間大晴などが控えており、男女とも日本勢が決勝に進出する可能性は低くないはずだ。

 一方の海外勢。男子は昨年の年間王者、ヤコブ・シューベルト(オーストリア)を中心に今年も年間タイトル争いが繰り広げられるだろう。同等以上の実力を持つアダム・オンドラ(チェコ)は、手首に負った怪我の影響からか開幕戦は欠場する。

 女子では、3年連続で年間優勝中のヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)が今年も年間優勝の大本命。史上初のボルダリングW杯全戦優勝を成し遂げたばかりで、このまま4年連続でのリードW杯年間タイトルを獲得すれば、同一シーズンで2種目を制覇する史上初の快挙となる。

 彼女の対抗馬には、昨季年間2位ジェシカ・ピルツ(オーストリア)、同3位キム・ジャイン(韓国)が挙げられる。そこに日本の森らがどこまで張り合うことができるかが、みどころのひとつとなりそうだ。

 大会は5日に予選を行い、上位26名が翌日午前の準決勝へ進出。さらに上位8名が同日午後の決勝へ駒を進める。4日には、リードW杯に先駆けてスピードW杯第4戦が開催される予定だ。

クライミングW杯2019 スイス・ヴィラール大会

スケジュール

7月4日(木)
15:00 ~/スピード男女予選(22:00 ~)
7月5日(金)
09:00 ~ 17:00/リード男女予選(16:00 ~ 24:00)
21:00 ~ 21:15/スピード男女決勝(6日 04:00 ~ 04:15)※ライブ中継
7月6日(土)
10:00 ~ 12:30/リード男女準決勝(17:00 ~ 19:30)※ライブ中継
20:20 ~ 21:00/リード男子決勝(7日 03:20 ~ 04:00)※ライブ中継
21:20 ~ 22:00/リード女子決勝(7日 04:20 ~ 05:00)※ライブ中継

※スケジュールは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※カッコ内は日本時間。

日本代表 出場予定選手

<男子>
杉本 怜(マイナビ)/L・S
楢崎 智亜(TEAM au)/L・S
楢崎 明智(TEAM au)/L・S
波田 悠貴(日本体育大学)/L
原田 海(日新火災)/L・S
藤井 快(TEAM au)/L・S
本間 大晴(日本大学)/L

<女子>
伊藤 ふたば(TEAM au)/L・S
小武 芽生(エスエスケイフーズ)/L
谷井 菜月(橿原学院高等学校)/L・S
野口 啓代(TEAM au)/L・S
野中 生萌(XFLAG)/L・S
平野 夏海(国士舘高等学校)/L・S
森 秋彩(茨城県山岳連盟)/L

※左から氏名、所属先、出場種目
※出場種目はL=リード、S=スピード

CREDITS

編集部 /

写真

藤枝隆介