古豪復活の看板を背負う。今年も多くの新星が加入した明大競走部。長距離、短距離、競歩の各部門、新戦力として大きな期待がかかる。今特集は全7回に分けて19人のルーキーを紹介する。

 第1回は、鹿瀬島佑太(情コミ1=湘南台)、鈴木憲伸(営1=明大中野八王子)、濱西諒(文1=履正社)の3人です。(この取材は6月15日に行われたものです)

鹿瀬島

――現在の練習状況はいかがですか。

 「僕は浪人してここに入ってきて1年間のブランクがあったのですが、それを早く直せるように基礎練習をして最近ようやくコーチが出すメニューをこなしている状況です」

――競技生活で印象に残っているレースは何ですか。

 「高校3年次の南関東です。6位でインターハイを決めることができて一番うれしかったレースでした」

――陸上を始めた時期は。

 「中学生のときです。走るのはそこまで苦手ではなかったのと球技もやっていなかったのでそれで始めました」

――400メートルHを始めたのはいつからですか。

 「中学で110メートルHをやっていたのですがそこまで結果が出なくて長い距離、なおかつハードルのある400メートルHを始めました」

――一番成長した時期はいつごろですか。

「高校2年次の冬から5月の期間です。高校2年次の11月の大会が54秒3とかで、高校3年次の5月の神奈川県総体で52秒96で優勝できました」

――高校次から大学で陸上を続けたいという気持ちはありましたか。

 「最初は高校3年間でやりきったなと思っていたのですが、勉強しているうちに大学で何をやりたいかなともう1回考えて。結局陸上が一番上になったのでもう1回やることにしました」

――目標の選手はいますか。

「同じ種目の金子(誠・法4=浜松市立)先輩が目標です」

――ご自身の強みは。

「体力はあると思うので最後の100メートルは自信があります」

――4年間の目標は何ですか。

「関東インカレ1部の決勝に残って明大の役に立てたらなと思います」

――今年1年間の目標があればお願いします。

 「日本ジュニアの標準を切ってもう1回全国の舞台で戦いたいです」

鈴木憲

――明大の競走部を選んだ理由は。

「高校ではインターハイ出場までは行って、大学に入っても陸上を続けるか悩んだんですけど、明大は都内からもレベルの高い選手が集まって練習できると聞き、先生方から勧められ、体験に行った時コーチからも声をかけられたので、それを機に入ることにしました」

――種目で三段跳びを選んだ理由は。

「高校に入るときは幅跳びのスポーツ推薦で入学したんですけど、幅跳びの練習の合間に三段跳びも遊びでやっていました。そしたら幅跳びよりも上を狙うなら三段跳びのほうがいいんじゃないかと言われ、そこから大会に出場したらかなりいい記録が出たので、幅跳びから三段跳びにシフトしました。当時はまさか高校に入って三段跳びの選手になるとは思ってもみなかったです」

――高校の時と比べ練習環境はどうですか。

「場所が変わったというより周りの人が変わって、高いレベルの人と練習して、高校の時は上のほうでしたけどまだまだ足りない部分があるな、と意識的に再確認できましたね」

――意識している同期はいますか。

「同じ種目の中元颯馬(農1=松山北)ですかね。スポーツ推薦で入ってるので、負けたくないっていう気持ちは常にあります」

――高校の時と比べ練習環境はどうですか。

「場所が変わったというより周りの人が変わったという部分が強いです。高いレベルの人と練習してまだまだ足りない部分があるな、と意識的に再確認できました」

――大学生活4年間を通しての目標は。

「日本選手権に出場できるだけに留まらず、そこで戦える選手になりたいです」

濱西

――明大に入学した理由は何ですか。

 「同じ大阪出身で明大卒業されている自衛隊体育学校の野田(明宏・平30卒)さんがいらっしゃったのと、古賀さんが一昨年にインターハイで優勝されて、明大に進学するということを聞いて、できるだけ長く強い人と同じ環境で同じ練習を切磋琢磨(せっさたくま)して取り組めるということを考えました」

――大学での練習はいかがですか。

 「最初入寮したての頃はとりあえず付いていくのに必死だったんですけど、最近は寮生活にもだいぶ慣れてきて、やっとリラックスできる面が増えてきたかなと思います」

――日本学生個人選手権が大学最初の試合となりました。

 「やっぱり高校のレースに比べてペースも全然違いますし、今の自分じゃ通用しないなと改めて痛感しています」

――自分の強みは何ですか。

 「自分で自分の強みだなと思っているのは、ラストスパートです。競ったレースでもラストスパートでフォームが崩れてしまう選手は多いんですけど、自分はその失格も高校時代したことがなくて、ラストスパートでもフォームが崩れないというのが自分の強みだと思っています」

――1学年上には古賀友太選手(商2=大牟田)がいらっしゃいます。

 「古賀さんの速いペースでどんどん押していけるっていうのは自分にはないことだと思っているので、一緒に練習してしっかり身に付けられればと思っています」

――大学での意気込みをお願いします。

 「古賀さんがユニバーシアードに出られるということで、次は僕が3年になった時にユニバーシアードがあるので、まずそこでしっかり代表に選ばれるようになれればと思っています」

[競走部担当一同]