<写真・記念写真を撮る選手〉

 6月30日、大阪府立体育館にて第67回全日本学生剣道選手権大会が行われ、関学からは竹嶋(商2)、富松(法4)、松井(文4)が出場した。5月に行われた関西選手権でベスト16入りを果たした選手が出場できる今大会。関西選手権でベスト16入りした竹嶋は2本負け。富松は延長戦に持ち込むも、1本負け。松井は1本を取り返せず1本負けした。出場した3人全員が1回戦で敗退となった。

 また、同会場で行われた第66回全日本学生剣道東西対抗試合には、関学からは西軍に富松が出場。富松は2本勝ちで勝利したが、西軍は惜しくも東軍に敗れた。

 次戦は9月22日、おおきにアリーナ舞洲にて 第67回関西学生剣道優勝大会が行われる。

【本日の試合結果】

1回戦

竹嶋 2本負け

富松 延長1本負け

松井1本負け

試合後のコメント

富松智郎主将「全国の舞台で、相手が強いと分かっていたが、自分の技が出せなかったのが1番の反省点。東西対抗戦で思い切って得意技で勝てたことは良かった。今回出場した3人とも1回戦で負けてしまい、実力不足だと感じた。きょう出ていない人たちも含め、夏休みに修正して、みんなで一緒に関西優勝する。自分にとっては最後なので悔いのないように戦いたい」