ソフトテニスは、男子が7月25日に開会式を行い28日まで、その後女子が29日の開会式を経て、8月1日まで熱戦が繰り広げられる。会場は、男女ともに宮崎県で行われる。

硬式と違う得点の数え方

インターハイの対戦方法は個人戦と団体戦がある。個人戦・団体戦ともトーナメント方式で行われ、団体戦は、3ペアによる点取り対抗戦となっている。試合は、7ゲームマッチ(4ゲーム先取)。1ゲームは4ポイント先取だが、ファイナルゲームだけは7ポイント先取で行われる。硬式と軟式ではボールの違いはもちろん、カウントの取り方も違う。硬式では0、15、30、40だが、軟式では0(ゼロ)、1(ワン)、2(ツー)、3(スリー)。

昨年の男子個人戦は奈良対決

団体戦は、都道府県ごとに男女とも1校(1チーム)。但し、開催県(宮崎県)は、男女とも2校(2チーム)出場することができる。 個人戦は、都道府県ごとに男女ともそれぞれ6ペアとする。但し、都道府県によっては各8ぺア出場することができる。昨年の男子個人戦は、ベスト4に高田商業(奈良)の3ペアが残り、決勝は高田商業同士の対戦となった。