<写真・グレコローマンスタイルで3位入賞を果たした上>

   6月29日、大阪府堺市金岡公園体育館にて令和元年度西日本学生新人戦1日目が行われた。

 大会1日目のきょうはグレコローマンスタイルが行われ、関学からは3名が出場。67キロ級予備戦では、清野(商2)が序盤から攻めるもテクニカルフォール負けとなった。97キロ級1回戦では、森田(法1)が積極的に仕掛け、相手にパシビティーが与えられた。だが、チャンスをものにできず。判定負けとなった。そんな中、67キロ級の上(人2)が唯一勝利を収め、準決勝に駒を進めた。準決勝では相手が先にパシビティーを与えられ、有利な展開になるも得点を稼げず。後半にローリングで点を取られ、3-1。判定負けとなり、3位で終えた。

 次戦はあす、同会場にてフリースタイルが行われる。

【きょうの試合結果】

・予備戦敗退

清野 テクニカルフォール負け

・1回戦敗退

森田 判定負け

・1回戦突破

上 テクニカルフォール勝ち

・2回戦突破

上 判定勝ち

・準決勝敗退

上 判定負け

試合後のコメント

弓削仁主将(法4)「きょう出場した3人は、練習通りの実力を発揮できていた。特に上は動きがよかったと思う。だが、グレコローマンスタイルは普段練習しないため、経験不足の部分が結果に表れた。あすはフリースタイル。全員が優勝できる力を持っていると思うので、頑張って勝ってほしい」

グレコローマンスタイル67キロ級で3位入賞を果たした上啓太「まさか準決勝まで勝ち進めると思っていなかった。きょうはグレコローマンスタイルなので、フリースタイルと戦い方が変わってくる。その中で、前に出ることを意識することができた。あすも1戦1戦大切に戦っていきたい」