春季新人戦2日目は各階級のフリースタイルの試合が行われた。明大からは、11名が出場。重量級の伊藤慧亮(営1=小諸商)と道免陸哉(文2=三次)が3位入賞を果たした。

◆6・26~28 東日本学生春季選手権(駒沢体育館)

[新人戦の部・フリースタイルA]

▼57キロ級

 加藤――1回戦敗退

 内田――1回戦敗退

 本田――1回戦敗退

▼61キロ級

 庄司――1回戦敗退

 鴇田――1回戦敗退

▼65キロ級

 岩崎――2回戦敗退

 竹沢――1回戦敗退

▼70キロ級

 谷津――ベスト8

▼79キロ級

 杉山裕――1回戦敗退

▼92キロ級

 伊藤――3位

▼97キロ級

 道免――3位

 充実の大会となった。道免は、入賞を懸けて齊藤英二(東洋大)と対戦。第1ピリオド中盤「大外刈りをしたら、相手がかかってくれた」と大胆に4点技を決めた。その後は構えを崩さず、攻めと守りを徹底。自分のペースを保ち、危なげなく5-0の快勝。準決勝で惜しくも敗れるも、苦手なフリーで3位をつかんだ。「最近はみっともない試合が多かった」。入学してから、満足のいく試合ができていなかったという道免。昨年は、上位進出のチャンスも何度か逃していた。その中で「4点技はこれからのモチベーションになる。今日をこれからのきっかけにしたい」。この大会を弾みに、さらなる飛躍を遂げる。

 伊藤も同じく3位に輝いた。初戦は「相手に攻めさせないことを心掛けた」。体格で勝る相手に、思うように攻撃をさせず。最後まで堅守を貫き、4-0の勝利で勝利を挙げた。準決勝では、実力者の吉田ケイワン(日大)と対戦するも「レベルが違って、力の差を感じた」。課題が残る大学初入賞となった。

 まだまだ成長を続ける。道免と伊藤はともに重量級。「二ノ宮さんを目指して頑張りたい」(伊藤)と二ノ宮寛斗主将(営4=岐南工)と絶対的エースに続く存在を目指す。8月にはインカレが控える。「フリーでもグレコでも入賞したい」(道免)。夏で力をつけ、上位進出を目指す。

[福永智隆]

試合後のコメント

道免

ーー3位入賞です。

 「本当は昨日のグレコで勝ちたかったんです。準決勝は自分から攻めれなくて、最初の点を決めたところから展開がうまくいきませんでした。悔しい気持ちもありますが、3位になれてほっとしています」

ーーインカレの目標をお願いします。

 「どちらも勝ちたいです。グレコは万豊(加藤万豊・政経2=いなべ総合)ばかりに頼ってしまっているので。昨日も勝ちたかったんですけど、万豊だけ入賞で悔しかったです。インカレはどちらも入賞できるように頑張ります」

伊藤

ーー道免選手と重量級2人で入賞しました。

 「よくスパーリングをするんですけど、いろんなことをこうしたらいいよと教えてくれます。1、2年なのでお互い高めあっていけたらなと思います」

ーーインカレの目標お願いします。

 「インカレはもちろん勝ちにはこだわるんですけど、自分の持ち味をどれだけ出せるか、そこを大切にやっていけたらなと思います」