第98回全国高校野球選手権大会は8月8日に大会2日目が行われた。大会屈指の好投手・寺島成輝を擁する履正社(大阪)は、、高川学園(山口)と対戦し5-1で勝利した。先発した寺島は9回、2安打1失点、11奪三振で今大会をスタートさせた。

寺島は初回を3者凡退で終えると、二回以降も高川学園を圧倒。四回に四球で出した走者を三塁まで進められ、2死一、三塁のピンチを背負うも自信があるという直球を外角低めに決め見逃し三振で脱した。

寺島は六回に安打と失策で二塁まで進んだ走者を適時打で還されたが、この1失点だけに抑えて完投勝利で甲子園デビューを飾った。

全国でも指折りの激戦区として知られる大阪。今年の予選を勝ち上がってきた履正社には、「今年の履正社は強いよ。左のいいピッチャーが二人おるってはデカい」「履正社、寺島の雰囲気がいいねー。面構えがいい。スターになる感じ」「甲子園は履正社を応援しています。ピッチャーの表情が良い良い」「履正社の左腕、めっちゃいい球放るね」など高校野球ファンも注目する。

その期待に応えて勝ち上がれるか。