Eブロック1回戦
早大
自治医大
(早)○久郷、田中爽-吉田

 この日は全日本大学選手権(全日)への出場に向け、もう1敗も許されない重要な試合。相手は北関東大学春季リーグ戦優勝校の自治医大だ。早大の先発マウンドには先週の東洋大戦に引き続き、エースの久郷太雅(創理4=静岡・沼津東)が上がった。打線が1回に敵失から先制点を挙げたが、その裏2点を失い、早くもリードを許す展開に。その後は幾度となく訪れる好機で点を取ることができない。しかし8回、四球と鷲田拓未(スポ1=神奈川・日大高)、代打・高山幸汰(商3=佐賀西)の連打で同点に追いつく。さらに、代打・篠原大成(教2=大阪・早稲田摂陵)のセーフティーバントにより1点を勝ち越し。その裏ピンチを迎えたが2番手の田中爽稀(法2=神奈川・柏陽)が1点リードを守り切り、全日出場に向けて貴重な勝利を収めた。


援護のない中粘投した久郷

 打線は初回、相手二塁手の失策と犠打で1死三塁とし、中村康祐(教3=早稲田佐賀)の犠飛により1点を先制。しかしその裏、先発の久郷が2死から連続四球で走者をためると、続く打者に左中間を破る2点適時二塁打を打たれて早くも逆転を許してしまう。まずは同点に追いつきたい早大。4回には吉田龍平主将(スポ4=東京・小山台)のセーフティーバントなどで無死満塁の好機をつくるが、なかなか相手投手を捉え切ることができない。一方の久郷は2回以降粘り強い投球を見せ、追加点を許さない。4回裏には先頭打者に左前打を浴び、その後1死二塁のピンチとなるが、次打者の右飛でタッチアップを狙った二走を右翼手鷲田、遊撃手新井健太(商1=東京・早大学院)の中継プレーで捕殺。1年生コンビの好守も相まってスコアボードに0を並べ、1点ビハインドのまま後半へ突入した。


正確な送球を見せた鷲田

 早大は後半に入っても流れをつかみ切れない。戦局が動かず、このまま負けてしまうのではないかとさえ思われた。しかし8回、待望の瞬間が訪れる。2死から7番・吉田龍が四球で出塁。続く好調の鷲田がこの日3安打目となる右前打を放ち、一、二塁の好機をつくった。ここで代打は高山。「落ち着いてバッターボックスに立つことができた」と言う高山は、狙っていたストレートを右翼方向にしっかりと打ち返した。この適時打で同点に追いつくと、なおも2死一、三塁。同じく代打の篠原は自らセーフティーバントを選択する。このプレーが功を奏し、待望の勝ち越し点を獲得。早大はこの回で2点を挙げ、逆転することができた。8回途中からマウンドに上がったのは田中爽。この日の田中爽の投球はさえわたっていた。久郷が招いた1死一、二塁のピンチをしっかりと切り抜け、続く9回も三者凡退に抑えて試合終了。早大は全日出場に向けて大きな1勝を手にした。


同点打を放つ高山

 前回は得点のないまま、惜しくも全日への出場を決めることができなかった早大。今回の試合では、初回こそ点を許したものの、後半では好機をしっかりとものにし、見事逆転勝利を収めることができた。さらに、今回は新戦力である1年生の活躍が光った。次の専大戦、勝利すれば全日への切符を手にすることができる。新戦力のさらなる成長と、早大ナインの快進撃に期待したい。

(記事 小山亜美、写真 池田有輝)

★連載「Today’s Feature」第5回 篠原大成


勝ち越しのセーフティーバントを決める篠原

 試合は終盤、8回表。同点に追いつきなおも2死一、三塁。打席には代打。相手野手陣が強打に備えるこの状況で、初球にセーフティーバントをやってのけた男がいる。

 「甲斐拓也選手(福岡ソフトバンクホークス)のバントしたシーン(※1)をテレビで見ていて、こういう手もあるんか、って思って」。流ちょうな関西弁でこう語るのは、篠原大成(教2=大阪・早稲田摂陵)。この日の勝利の立役者の1人だ。「代打を告げられてからそのシーンを思い出して、相手の守備との兼ね合いも含めて、自分がヒットを打つ確率よりもバントして1点取る確率の方が高いなと思って」。重要な局面で機転を利かせ、勝ち越し点をもぎ取った。

 普段は一塁のベースコーチを務める篠原。基本的にはベンチスタートだが、「ベンチでも試合に出ていると思っている」のだと言う。ベンチにいてもしっかりと相手を観察し、出ている選手と同じ気持ちで試合に参加。これができていたことが、ここぞという場面での冷静な判断や、1球で決め切る集中力につながったのだろう。「何としても先輩方を全日に連れていけるように」。次週の専大戦でも自分の役割を果たし、5年越しの悲願に貢献する。

※プロ野球・巨人―ソフトバンク1回戦でのシーン。ソフトバンク1点ビハインドで迎えた6回、2死満塁で甲斐が同点のセーフティーバントを決めた。

(記事、写真 池田有輝)


コメント

高山幸汰(商3=佐賀西)

――代打での出場となりましたが、きょうはどのような気持ちで臨みましたか

前回の東洋大学戦ではスタメン出場だったのですが、そこで打てなくてきょうは代打スタートとなりました。代打はリーグ戦を通して準備の仕方をわかっていたので、そんなに緊張せず試合に出られたと思います。

――代打での打席では何か工夫されている点などはありますか

試合の後半に出るので、ピッチャーのデータを頭に入れた状態で試合に入ることを心がけています。

――打席では落ち着いた印象を受けましたが、狙っていた球はありましたか

球種がストレートとカーブの2種類で、ベンチでもストレートに張ろうという話をしていたので、ストレートを狙っていました。

――次の試合への意気込みをお願いします

次勝てば全日が決まるので、何としても勝って全日を決めたいと思います。

篠原大成(教2=大阪・早稲田摂陵)

――きょうは代打で起用されましたが、練習から調子が良かったのでしょうか

そうですね、練習でバッティングの調子が良かったので、いい感触はありました。

――その中で初球セーフティーバントをされましたが、いつ頃から狙っていたのでしょうか

僕はきょう代打で出たのですが、ベンチスタートだと思っていなくてベンチでも試合に出ていると思っています。代打を告げられてから甲斐拓也選手(福岡ソフトバンクホークス)のバントしたシーンを思い出して、相手の守備との兼ね合いも含めて、自分がヒットを打つ確率よりもバントして1点取る確率の方が高いなと思ってバントしました。

――甲斐選手がバントしたのはいつの試合でしたでしょうか

確かこの交流戦の最終カード、巨人戦の1戦目ですね。試合終盤で2アウト満塁からバントして1点取ったっていうシーンがあったのですが、それをテレビで見ていて「こういう手もあるんか」って思って。ああいう場面ってやっぱり、特に代打とかになると打ってくるっていう先入観があるので、野手の方も打ちに備えるんですよね。相手の守備位置などの状況を見て、決まればセーフになるなとは思っていました。

――次週に向けてどのような調整をしたいですか

調整というよりは、やれることは全力でやるしかないので。何としてでも先輩方を全日に連れていけるように、できることは精一杯やろうと思います。

田中爽稀(法2=神奈川・柏陽)

――きょうはピンチでの登板でしたがどのような気持ちでマウンドに上がりましたか

「絶対に点はやらん」って気持ちで入りました。

――球が走っているように見えましたが、調子は良かったのですか

かなり良かったですね。

――新人戦では不調でしたが、改善できた部分などはどこですか

ストレートを投げる時の体の使い方、体重移動がうまくできていたと思います。きょうは20球のうち1球しか変化球を投げていないくらいなので。

――次戦に向けて一言お願いします

専修大は強いと思いますが、出番があればきょうみたいなピッチングをしてしっかり抑えたいと思います。

鷲田拓未(スポ1=神奈川・日大)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

リーグ戦じゃなくてトーナメントなので、とりあえず勝ててひと安心しました。

――きょうは3安打と好調でしたが、ご自身のバッティングを振り返っていかがですか

1打席目満塁で打てなかったので、その分打たなければいけないと気合を入れて臨みました。いいところで周りの先輩が声をかけてくれたので、先輩に打たせてもらったヒットでした。

――1打席目のから何か修正した点はありますか

1打席目はこっち(左翼方向)に引っ掛けようとしてしまっていました。2打席目も一応ヒットにはなりましたけど、あまり納得のいくヒットではありませんでした。3打席目で(それまで)こっちに引っ張りにいっているので、気持ちセンターに打とうと臨んでちょうどセンター前に打てたので、良かったと思います。

――きょうは初スタメンでしたが、どのような気持ちで臨みましたか

全然緊張はしなかったですね。先輩方がいろいろ声かけてくださったので、リラックスしてやらせてもらいました。

――次の試合に向けて一言お願いします

1週間後にまた試合があるので、平日にコンディションを整えて勝てるように頑張ります。