写真:優勝した十六銀行/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

<2019年度前期日本卓球リーグ豊田大会 6月19日~6月23日 スカイホール豊田>

19日に開幕した前期日本卓球リーグも23日に全試合が終了し、女子1部の優勝チームが決まった。

優勝したのは十六銀行。2期ぶり5回目の優勝となった。

23日、十六銀行はサンリツと対決。安藤みなみが谷岡あゆかを下したが、ダブルスを落とし1-2と後がなくなった。しかし、山本怜がフルゲームで松本優希を破るとその勢いのまま最後は加藤知秋が勝利し、優勝を決めた。

チームを引っ張った十六銀行の安藤みなみは最高殊勲選手賞を獲得。サンリツのダブルス7戦全勝の松本優希・平侑里香ペアが優秀ペア賞を獲得した。




写真:優秀ペア賞受賞者。左から藤村友也・松下海輝ペア (日鉄物流ブレイザーズ)、松本優希・平侑里香ペア(サンリツ)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

一方、22日終了時点で5勝1敗で十六銀行と同率1位だった中国電力は、奮闘するも日立化成に敗れ、5勝2敗で惜しくも2位となった。同じく5勝2敗で3位となったデンソーは、ルーキーの野村萌が新人賞を獲得した。

広島日野自動車は豊田自動織機と対決。ラストまで回る大接戦となったが、一歩及ばず8位となり、2部降格が決定。豊田自動織機は2勝5敗となり、来期の更なる飛躍へ期待がかかる。また田中千秋はデンソー戦では永尾尭子を下す活躍もあり、ファインプレー賞を獲得した。

最終日 女子1部試合結果




写真:優勝を決めた加藤知秋(十六銀行)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

十六銀行 (6勝1敗) 3-2 サンリツ (3勝4敗)
加藤杏華 2-3 ○平侑里香
○安藤みなみ 3-2 谷岡あゆか
山本怜/加藤杏華 1-2 ○松本優希/平侑里香
○山本怜 3-2 松本優希
○加藤知秋 3-1 三村優果

中国電力 (5勝2敗) 2-3 日立化成 (4勝3敗)
庄司有貴 1-3 ○牛嶋星羅
土`田美佳 1-3 ○近藤早紀
○土`田美佳/宋恵佳 2-0 牛嶋星羅/後藤奈津美
○成本綾海 3-0 平真由香
木村光歩 0-3 ○鈴木李茄




写真:新人賞を受賞した野村萌 (デンソー・写真右)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

デンソー (5勝2敗) 3-1 愛媛銀行 (3勝4敗)
○永尾尭子 3-0 前瀧初音
小道野結 0-3 ○池上玲子
○永尾尭子/阿部愛莉 2-1 久松亜由実/池上玲子
○野村萌 3-0 山地理穂

広島日野自動車 (0勝7敗) 2-3 豊田自動織機 (2勝5敗)
○馬文婷 3-1 田中千秋
切石沙織 1-3 ○森美紗樹
山内麻祐子/切石沙織 1-2 ○森美紗樹/平野容子
○高橋美帆 3-2 平野容子
村上莉加 0-3 ○佐藤風薫

1部最終順位




写真:十六銀行メンバー/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

1位 十六銀行 (6勝1敗)
2位 中国電力 (5勝2敗)
3位 デンソー (5勝2敗)
4位 日立化成 (4勝3敗)
5位 サンリツ (3勝4敗)
6位 愛媛銀行 (3勝4敗)
7位 豊田自動織機 (2勝5敗)
8位 広島日野自動車 (0勝7敗)

文:ラリーズ編集部