写真:4期ぶりの優勝を達成した東京アート/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

<2019年度前期日本卓球リーグ豊田大会 6月19日~6月23日 スカイホール豊田>

大会最終日となった23日、各チーム残りの1試合を終え、最終順位が決定した。

前期日本卓球リーグ優勝は、4期ぶり24回目となる東京アート。

22日終了時点で、東京アートが6勝に対してシチズン時計は5勝と、23日の直接対決は事実上の優勝決定戦となった。シチズン時計はダブルスで一矢報いたものの東京アートが3-1で勝利し、優勝を決めた。




写真:吉村和弘 (東京アート)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

ルーキーの吉村和弘はシングルス・ダブルスでチームの勝利に貢献し、新人賞を獲得した。チームの危機を救ってきた高木和卓は最高殊勲選手賞を獲得。シチズン時計の御内健太郎は、個人で通算50勝を記録し、ダイヤモンドラケット賞を獲得した。




写真:ダイヤモンドラケット賞を獲得した御内健太郎 (シチズン時計)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

一方で、負けた方が2部降格となる日野自動車と原田鋼業の対決は、船本将志が横山輝を破り、チームを勢いに乗せると3-0で勝利し、日野自動車が1部残留を決めた。それぞれのチームの原動力となった船本、横山の2人はともにファインプレー賞を獲得した。

最終日 男子1部試合結果




写真:最高殊勲選手賞を獲得した高木和卓 (東京アート・写真左)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

シチズン時計 (5勝2敗) 1-3 東京アート (7勝0敗)
酒井明日翔 1-3 ○高木和卓
笠原弘光 0-3 ○吉田海偉
○笠原弘光/上村慶哉 2-1 高木和卓/吉村和弘
上村慶哉 1-3 ○吉村和弘

協和発酵キリン (5勝2敗) 3-0 リコー (1勝6敗)
○平野友樹 3-1 郡山北斗
○後藤卓也 3-2 山本勝也
○松平賢二/平野友樹 2-0 鹿屋良平/有延大夢

日鉄物流ブレイザーズ (3勝4敗) 0-3 愛知工業大学 (4勝3敗)
藤本海統 1-3 ○髙見真己
田添健汰 0-3 ○木造勇人
藤村友也/松下海輝 0-2 ○木造勇人/田中佑汰

日野自動車 (2勝5敗) 3-0 原田鋼業 (1勝6敗)
○船本将志 3-1 横山輝
○岩崎栄光 3-1 中村廉
○皆川朝/平野晃生 2-1 横山輝/徳島剛

1部最終順位




写真:優勝した東京アートのメンバー/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

1位 東京アート (7勝0敗)
2位 シチズン時計 (5勝2敗)
3位 協和発酵キリン (5勝2敗)
4位 愛知工業大学 (4勝3敗)
5位 日鉄物流ブレイザーズ (3勝4敗)
6位 日野自動車 (2勝5敗)
7位 リコー (1勝6敗)
8位 原田鋼業 (1勝6敗)

文:ラリーズ編集部