<写真・敗れはしたが3回を戦い抜いた李>

 6月23日、関西大学ボクシング場にて第73回関西学生リーグ最終戦が行われ、関学は大商大と対戦した。

   優勝候補筆頭を相手に歯が立たなかった。けがなどで、4試合が不戦敗。誰一人として負けが許されない中で、LF(ライトフライ)級の中井(経2)が1RRSC負けを喫した。F(フライ)級の李(経3)、B(バンタム)級の久高(法2)は気力で判定まで持ち込むも、敗北。その他も早々と試合を決められた。0-9で完敗。これでリーグ戦5戦全敗となり、1部2部入れ替え戦に臨むことが決まった。

 次戦は7月7日、関西学院大学ボクシング場にて1部2部入れ替え戦が行われ、関学は立命大と対戦する。


【試合結果】

LF級  中井隆人  1RRSC負け

F級  李弘一  判定負け

B級 元永光太郎(商4)1RABD負け

B級  久高元気  判定負け

L(ライト)級  不戦敗

L級  荒木遼太郎(法3)2RRSC負け

LW(ライトウェルター)級  不戦敗

W(ウェルター)級  不戦敗

M(ミドル)級  不戦敗

試合後のコメント

元永光太郎主将「けが人もいて、出るのもギリギリの状態だったが、正直完敗。リーグ戦全敗となってしまい、悔しい。入れ替え戦は来年に関わってくる。関学は今後強くなっていくチームだと思うし、下級生のためにも勝たないといけない。相手は2部で優勝しているので、危機感を持って戦う。必ず勝って、来年につなげられる試合にする」