写真:優勝したクローバー歯科カスピッツ/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

<2019年度前期日本卓球リーグ豊田大会 6月19日~6月23日 スカイホール豊田>

大会4日目となった22日で男子2部は全ての試合が終了し、優勝チームが決定した。

前期日本卓球リーグ男子2部優勝を飾ったのは、クローバー歯科カスピッズ。クローバー歯科カスピッズは、21日にJR北海道に敗北したが、22日に朝日大学と琉球レオフォルテに苦しみながらも2連勝。通算成績7勝1敗で2部優勝を決めた。今季大活躍したルーキー・松下大星は最高殊勲選手賞と新人賞を獲得した。

2位を飾ったのは信号器材。通算成績6勝2敗で3チームが並んだ中、得失率の差で2位に躍り出た。中でも厚谷武志は個人成績で7勝1敗を記録し、福田修也とともに優秀選手賞を獲得した。同じく6勝2敗で並んだチームでは、JR北海道が3位、朝日大学が4位となった。

協和発酵バイオは今季0勝8敗で、勝ち星に恵まれなかったが、ルーキーの千葉悠平はシングルス・亀石翔吾と組んだダブルスで、ともに5勝を挙げ、ファインプレー賞を獲得した。早くも来期が楽しみな選手となった。

4日目 男子2部試合結果




写真:最高殊勲選手賞と新人賞を獲得した松下大星(クローバ歯科カスピッズ・写真左)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

トヨタ自動車 (2勝5敗) 3-0 協和発酵バイオ (0勝7敗)
○北口大輔 3-2 亀石翔吾
○南里和輝 3-2 窄口飛翔
○北口大輔/畑直希 2-1 千葉悠平/亀石翔吾

藤ミレニアム (2勝5敗) 3-1 豊田自動織機 (1勝6敗)
○韓智敏 3-0 河田航希
○田中智大 3-1 岡田聖世
水内大介/田中智大 1-2 ○仲田貴亮/岡田聖世
○安藤大貴 3-0 仲田貴亮

クローバー歯科カスピッズ (6勝1敗) 3-1 朝日大学 (6勝2敗)
工藤真弘 0-3 ○金博
○松下大星 3-1 石城蓮
○江藤慧/松下大星 2-0 馬渡元樹/増本時祥
○江藤慧 3-1 馬渡元樹

琉球レオフォルテ (5勝2敗) 2-3 信号器材 (5勝2敗)
○久住昭博 3-1 渡辺聡太
東勇渡 2-3 ○厚谷武志
○久住昭博/花木誠弥 2-1 北原大輝/渡辺聡太
花木誠弥 2-3 ○福田修也
外間政克 0-3 ○北原大輝




写真:優秀選手賞受賞者。左から李欣然(朝日大学)、福田修也(信号器材)、厚谷武志(信号器材)、韓智敏(藤 ミレニアム)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

JR北海道 (6勝2敗) 3-0 豊田自動織機 (1勝7敗)
○神山佑太 3-1 仲田貴亮
○能戸大夢 3-0 渡邉朋之
○川島勇樹/水谷良紀 2-0 仲田貴亮/岡田聖世

トヨタ自動車 (3勝5敗) 3-2 藤ミレニアム (2勝6敗)
南里和輝 1-3 ○安藤大貴
北口大輔 0-3 ○韓智敏
○北口大輔/畑直希 2-1 水内大介/田中智大
○畑直希 3-0 田中智大
○千坂達也 3-1 水内大介

クローバー歯科カスピッズ (7勝1敗) 3-2 琉球レオフォルテ (5勝3敗)
○松下大星 3-1 東勇渡
工藤真弘 2-3 ○花木誠弥
○江藤慧/松下大星 2-0 久住昭博/花木誠弥
江藤慧 0-3 ○久住昭博
○加藤駿 3-2 外間政克

信号器材 (6勝2敗) 3-1 協和発酵バイオ (0勝8敗)
○渡辺聡太 3-2 安本英明
○厚谷武志 3-0 千葉悠平
北原大輝/渡辺聡太 0-2 ○千葉悠平/亀石翔吾
○福田修也 3-1 亀石翔吾

2部最終順位

1位 クローバ歯科カスピッズ (7勝1敗)
2位 信号器材 (6勝2敗)
3位 JR北海道 (6勝2敗)
4位 朝日大学 (6勝2敗)
5位 琉球レオフォルテ (5勝3敗)
6位 トヨタ自動車 (3勝5敗)
7位 藤ミレニアム (2勝6敗)
8位 豊田自動織機 (1勝7敗)
9位 協和発酵バイオ (0勝8敗)

文:ラリーズ編集部