文=鈴木健一郎 写真=Getty Images

「みんなが興奮してくれていて僕もうれしい」

ウィザーズからNBAドラフト1巡目指名を受けた八村塁は、一夜明けた現地21日にワシントンDC入り。ファンや関係者から歓迎されて本拠地であるキャピタルワン・アリーナに到着し、ウィザーズの一員として初めての記者会見に応じた。

「ファンから歓迎してもらえてハッピーです。みんなが興奮してくれていて僕もうれしい」と、八村は語る。ドラフトについては「8位から10位あたりで指名されると思っていて、代理人からの電話で『次に指名されるぞ』と聞かされた時には笑顔が出た」と振り返る。

八村がウィザーズの一員として最初にプレーするのは、ラスベガスでのサマーリーグになりそうだ。この日はサマーリーグ最初の4試合のスケジュールが発表された。ドラフト全体1位指名のザイオン・ウィリアムソンを擁するペリカンズとの試合が7月6日に行われるのを皮切りに、8日にネッツ、9日にクリッパーズ、11日にホークスとの試合が組まれている。

「準備はできています。サマーリーグはルーキーが実力を示す良い機会だと思っています」と、八村自身もサマーリーグでのプレーに大いに意欲を持っている様子。NBA開幕はまだまだ先だが、新たな環境に馴染み、サマーリーグで力を試し、そして日本代表の一員としてワールドカップを戦う。八村にとって、刺激に満ち溢れた夏がやって来る。