文=鈴木健一郎 写真=野口岳彦

「まずプレーオフでプレーしたいです。優勝したい」

NBAドラフトでワシントン・ウィザーズから1巡目9位指名を受けた八村塁が会見に応じ、指名を受けた瞬間を「夢みたいでした。家族が近くにいて落ち着きましたが、すごい瞬間でした」と振り返った。

ドラフト前にウィザーズ関係者との接触はなかったという八村だが、もともとエージェントからはこれぐらいの順位で指名されるだろうと聞いていたとのこと。自分への高い評価を「伸びしろがまだまだあるので、それで取ってくれたんじゃないかと思います」と語った。

「攻守で試合にインパクトを与えられる。リバウンド、ボールをプッシュして、シュートなど多くの部分でチームを助けられると思います。スタッツは関係なく、チームに貢献したい。まずプレーオフでプレーしたいです。優勝したい」と抱負を語った。

また今夏のワールドカップ出場について、開催地である中国の記者から質問を受けると「日本代表としてプレーしたいです。だからこそ去年の予選に出たんです」と参加を宣言。日本への思いは、ドラフト当日に着るスーツの襟に日の丸をつけたことからも伝わってくる。「日本人としてこういう大きな舞台に立てて、NBAが世界でも見られているということで、日本を見せないといけないと思いました」

「これからがすごく楽しみです」と満面に笑みを浮かべた八村。バスケットボール界のトップを走る日本人選手として、その快進撃に期待したい。