写真:神山佑太(JR北海道)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

<2019年度前期日本卓球リーグ豊田大会 6月19日~6月23日、スカイホール豊田>

19日に開幕した卓球の実業団最強を決める前期日本卓球リーグ豊田大会が2日目を迎え、男子2部は12試合が行われた。

19日に2連勝を収めたクローバー歯科カスピッズは、藤ミレニアム、トヨタ自動車の2チームと対戦。トヨタ自動車にあと一歩のところまで追い込まれたが2連勝を飾り、現在4勝0敗で、好調をキープしている。21日以降も勝ち続けられるか期待がかかる。

同じく19日に2連勝の朝日大学は、琉球レオフォルテ、協和発酵バイオ、豊田自動織機の3チームと対戦した。初戦の琉球レオフォルテには敗れたものの協和発酵バイオと豊田自動織機には勝利し、4勝1敗となった。ともに4勝で、クローバー歯科カスピッズ、JR北海道、朝日大学の3チームが勝ち数で並んだ。

21日以降、1部昇格をかけた熱い戦いに注目だ。

一方で豊田自動織機と協和発酵バイオは2日目の段階で、競った試合になるものの0勝で終わり、非常に苦しい状況であるが、21日以降の巻き返しが期待される。

2日目 男子2部試合結果

JR北海道 (2勝) 3-1 協和発酵バイオ (0勝)
○能戸大夢 3-0 窄口飛翔
水谷良紀 0-3 ○千葉悠平
○川島勇樹/水谷良紀 2-1 千葉悠平/亀石翔吾
○宝利貴也 3-0 亀石翔吾

トヨタ自動車 (1勝) 3-1 豊田自動織機 (0勝)
○畑直希 3-1 仲田貴亮
○南里和輝 3-2 渡邉朋之
北口大輔/畑直希 0-2 ○仲田貴亮/岡田聖世
○北口大輔 3-0 河田航希

クローバー歯科カスピッズ (3勝) 3-1 藤ミレニアム (1勝)
○江藤慧 3-0 安藤大貴
工藤真弘 1-3 ○韓智敏
○松下大星/江藤慧 2-1 水内大介/安藤大貴
○松下大星 3-1 長沼巧

琉球レオフォルテ (2勝) 3-0 朝日大学 (2勝)
○東勇渡 3-1 佐藤桂輔
○久住昭博 3-2 馬渡元樹
○久住昭博/花木誠弥 2-1 馬渡元樹/増本時祥

信号器材 (2勝) 3-1 豊田自動織機 (0勝)
○佐藤佑飛 3-0 榑松健
○厚谷武志 3-0 仲田貴亮
北原大輝/渡辺聡太 0-2 ○仲田貴亮/岡田聖世
○福田修也 3-0 岡田聖世

JR北海道 (3勝) 3-2 藤ミレニアム (1勝)
○能戸大夢 3-1 田中智大
水谷良紀 1-3 ○韓智敏
○川島勇樹/水谷良紀 2-1 水内大介/田中智大
神山佑太 2-3 ○安藤大貴
○宝利貴也 3-0 長沼巧




写真:南里和輝(トヨタ自動車)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

クローバー歯科カスピッズ (4勝) 3-2 トヨタ自動車 (1勝)
江藤慧 2-3 ○南里和輝
○工藤真弘 3-2 北口大輔
松下大星/江藤慧 1-2 ○北口大輔/畑直希
○松下大星 3-0 畑直希
○加藤駿 3-2 沢田和希

朝日大学 (3勝) 3-1 協和発酵バイオ (0勝)
○佐藤桂輔 3-1 安本英明
○金博 3-2 千葉悠平
馬渡元樹/増本時祥 0-2 ○千葉悠平/亀石翔吾
○馬渡元樹 3-2 亀石翔吾

琉球レオフォルテ (3勝) 3-2 協和発酵バイオ (0勝)
東勇渡 0-3 ○千葉悠平
○外間政克 3-2 窄口飛翔
○久住昭博/花木誠弥 2-1 千葉悠平/亀石翔吾
花木誠弥 2-3 ○亀石翔吾
○久住昭博 3-0 安本英明

朝日大学 (4勝) 3-1 豊田自動織機 (0勝)
○金博 3-1 仲田貴亮
○増本時祥 3-0 坂井駿
馬渡元樹/増本時祥 0-2 ○仲田貴亮/岡田聖世
○馬渡元樹 3-0 岡田聖世

信号器材 (3勝) 3-1 藤ミレニアム (1勝)
北村祐馬 1-3 ○韓智敏
○福田修也 3-0 長沼巧
○北原大輝/渡辺聡太 2-0 水内大介/田中智大
○厚谷武志 3-0 安藤大貴

JR北海道 (4勝) 3-1 トヨタ自動車 (1勝)
神山佑太 0-3 ○畑直希
○水谷良紀 3-0 内田明弥
○川島勇樹/水谷良紀 2-0 北口大輔/畑直希
○能戸大夢 3-2 南里和輝

文:ラリーズ編集部