写真:許キン(中国)/撮影:ラリーズ編集部

<ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯(札幌) 2019年6月12日~6月16日>

16日、ジャパンオープン最終日、男子シングルス決勝が行われた。決勝は、許キン(6月世界ランキング2位・中国)と林イン儒(同20位・チャイニーズタイペイ)の対決となった。許キンは、今大会、男子ダブルス、混合ダブルスと2冠をすでに達成している。一方の17歳・林インは、林高遠(同2位・中国)、カルデラノ(同8位・ブラジル)、張本智和(同4位・木下グループ)を倒した孫聞(同599位・中国)と実力者を下し決勝に進出している。

試合は、接戦となった1、2ゲーム目を、持ち前のラリー力でもぎとった許キンがゲームカウント4-1で林イン儒を下した。林イン儒も前陣でのバックブロックで許キンのドライブを何本も捌いたが、許キンはそれを上回るフットワークとドライブの回転量で圧倒。見事優勝を果たし、今大会3冠を達成した。

男子シングルス決勝結果




写真:林イン儒(チャイニーズタイペイ)/撮影:ラリーズ編集部

〇許キン(中国) 4-1 林イン儒(チャイニーズタイペイ)
11-9/14-12/8-11/11-3/11-8

文:ラリーズ編集部