関東学生春季1部リーグ戦の優勝を記念した祝勝会が行われた。首脳陣、現役選手、OBの総勢約50人が集い会話を楽しんだ。

予選リーグを全勝で通過。決勝ではインカレ4連覇中の山梨学大を破り劇的勝利を収めた明大。祝勝会も大きな盛り上がりを見せた。駿台ホッケー倶楽部(OB会)の坂本政靖会長は、会を開催した目的として「部全体で目標を共有し、また優勝すれば皆で喜びを分かち合えることを知ってもらうため」と話した。明大ホッケー部は、インカレでは第1回から3連覇を達成するなど、全国屈指の古豪である。現役選手らは、当時のOBから強さの秘訣(ひけつ)を聞き出し、より良いチームづくりの参考に生かした。最後には参加者全員でスクラムを組み校歌を熱唱した。

 次戦に向けてアクセル全開だ。7月上旬には全日本大学王座決定戦が控える。早速、本日も練習試合を行った。昨年度は初戦敗退を喫したが「初戦はいつもの力を出し切れば勝てる相手」(MF舘亮佑主将・政経4=丹生)と強気で挑む。リーグ戦優勝を弾みに、夏のタイトルをつかみ取る。

◆応援へ行こう!◆

全日本大学王座決定戦

▼1回戦 対東海学大(東海第2代表)

7月4日 12時30分試合開始

➤会場アクセス

グリーンランドみずほ人工芝ホッケー場

――JR嵯峨野線園部駅下車→JRバス桧山駅下車→町営バス「グリーンランドみずほ」下車

▼準々決勝 対福井工大(北信越第1代表)

7月5日 14時試合開始

➤会場アクセス

1回戦と同様