南米初開催となるリオデジャネイロ五輪。現地時間の8月5日に開会式が行われた。6日昼過ぎには、競泳予選が開催され、編集部も会場を訪れた。

日本勢は、萩野公介選手(東洋大)、瀬戸大也選手選手(JSS毛呂山)が400m個人メドレーでそれぞれ全体3位、2位を獲得、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が57秒27で日本新記録を更新、星奈津美選手(ミズノ)は自己ベストを更新する58秒15を叩き出すなど見ごたえのあるレース展開だった。

今回は競技ではなく観戦のようすをレポートする。

こちらが競泳会場のOlympic Aquatics Stadium。リオ五輪のメイン会場地でもある、リオデジャネイロ市西部に位置するバーラ地区にある。バーラ地区は会場が集まる五輪公園となっており、選手村も設置されている。

#Rio2016 競泳の競技会場。 pic.twitter.com/6otV2XkFi5— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

事前に購入したチケット情報を、iPhone画面上で見せたのだがバーコードが読み取れず。同じような被害にあっている人も多く、チケットのトラブルを解決するスタッフはてんてこ舞い。並んでいる客からは舌打ちや怒声も。

#Rio2016 チケットトラブル解決センター 時間がかかっていました。 pic.twitter.com/z3JmAR1nZq— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

eチケット情報をプリントアウトしてもらい、再びバーコード読み取りにトライしたが…見事にアウト。チケットトラブルセンターに行けという。「おいおい、さっき行ってきたばかりだよ」と語気を強めて説明すると、「ちょっと待て」とスタッフ。少し待ったあと、別のスタッフが持ってきた読み取り機でやっとのことで通過できた。この間およそ40分。

競技会場へ。IPhoneの画面でバーコードが読み取れず、チケットトラブル解決センターで紙にプリントアウトしてもらいなんとか入れました。 pic.twitter.com/v6LxauHC5A— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

僕の場合は読み取りの問題だったが、他の競技会場でも荷物検査などに時間がかかり、開始時刻に間に合わなかった観客もいたようだ。競泳会場も開始時刻は席がガラガラだった。中盤になると徐々に人が入ってきたので、検査に時間がかかり入れなかった人もいたのかもしれない。

リオ五輪競泳予選、開始前の席はガラガラ。中盤になって徐々に席が埋まり出しました。予選の最初は遅れてもいいという理由なのか、チケットトラブルのせいなのか。両方あった気もします。 pic.twitter.com/ziWLfDX366— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

競技会場を360度で。2階の観客席からは各国の国旗が垂れ下がっている。

#Rio2016 競泳レース前の競技会場 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

競技会場のコーラは600mで300円くらい。予選のタイミングだったからか、ほとんど並ばずに買えた。

競技会場の売店。コーラが600mで300円くらい。予選だったからか、あまり並ばず買えた。 pic.twitter.com/Psw5J3L8OC— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

競技開始を告げるアナウンスがあると、会場は大盛り上がり。お祭り騒ぎを好むブラジル人らしい。オリンピックにありがちなことだが、競技をよく知らない人間も多数会場を訪れる。競泳の場合それが顕著だったのは、スタート前に「Silence Please」と掲示板に出てもなかなか会場が静まり返らず、呼びかけるように何度も注意の笛が吹かれるシーンがあったことだ。

関係者によると、世界選手権などだと競技ルールや不文律、暗黙の了解を把握している観客ばかりなので、こういった問題はあまり起こらないという。スタート前には張り詰めるような、水滴の音すら響くような空間が出来上がる。

#Rio2016 「Silence Please」と画面に出ても、静かになるまで時間がかかる。 pic.twitter.com/dEqN2s4bss— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

やはり観客はブラジル人が多い。ブラジルの選手が活躍した時は、どこからともなく「Brazil」コールが巻き起こり、観客が立ち上がる。すごい迫力。

ブラジルの選手が一位になると、どこからともなくブラジルコールが。これが何度か起こります。 pic.twitter.com/82494Nciy6— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

例外としては、アダム・ピーティー(英)が57秒55の世界新記録をマークした時だ。ブラジルの選手を称えるときと同等か、それ以上のスタンディングオベーションが。

毎レース盛り上がるブラジルの観客たち。基本的に大勢がスタンディングオベーションするのはブラジルの選手が活躍した時だけですが、記録が出た時は他国の選手でも立ち上がり、ブラジルの選手並みに称えます。 pic.twitter.com/GXETifhyNQ— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

#Rio2016 #競泳予選 #盛り上がる瞬間 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

色々あって大興奮だった競泳観戦。五輪観戦は初めてなので比較対象がないのだが、競技後の会場は、思ったよりも綺麗で、ペットポドルがちらほら転がっているくらいだった。オフィシャルグッズの販売所も会場にはある。

会場には車椅子用の席も。 pic.twitter.com/klFm3w8qjD— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

#Rio2016 各競技会場ではそれぞれの競泳のTシャツが販売されている。 pic.twitter.com/cJ4cm1VzPM— CYCLE-やわらかスポーツ (@cyclestyle_net) 2016年8月7日

リオデジャネイロ五輪が開幕。会場には多くの観客が訪れている(2016年8月6日)撮影:編集部

リオデジャネイロ五輪が開幕。会場には多くの観客が訪れている(2016年8月6日)撮影:編集部

瀬戸大也(2016年8月6日)(c)Getty Images

瀬戸大也(2016年8月6日)(c)Getty Images

萩野公介(c) Getty Images

萩野公介(c) Getty Images

萩野公介(右)と瀬戸大也(c) Getty Images

萩野公介(右)と瀬戸大也(c) Getty Images

【取材の裏側】リオオリンピック、競泳を観戦してみた。現場はやっぱりスゴイ

【取材の裏側】リオオリンピック、競泳を観戦してみた。現場はやっぱりスゴイ

星奈津美(2016年8月6日)(c)Getty Images

星奈津美(2016年8月6日)(c)Getty Images

瀬戸大也(2016年8月6日)(c)Getty Images

瀬戸大也(2016年8月6日)(c)Getty Images

池江璃花子(2016年8月6日)(c)Getty Images

池江璃花子(2016年8月6日)(c)Getty Images