リーグ首位&交流戦単独首位「必死になってみんな一生懸命やっている」

日本ハム 5-4 巨人(交流戦・14日・札幌ドーム)

 日本ハムは14日、本拠地で巨人に逆転勝ちして、首位をキープした。

 序盤の劣勢ムードを覆した。0-3で迎えた6回に巨人の先発・メルセデスを捕まえた。近藤と王柏融の安打などで無死満塁として左腕を引きずり下ろすと、渡邉の犠飛と杉谷の中前適時打で1点差に。続く7回には先頭・西川がセーフティーバントを投前に転がし、一塁へ気迫のヘッドスライディングをして内野安打をもぎとった。2死後に盗塁を決めた西川を二塁に置いて、中田が左前同点打。さらに、王柏融が勝ち越し3号2ランを右翼席に叩き込んだ。

 先発の有原航平投手は3回に暴投で2失点するなど4回までに3点を失ったが、粘り強く8回7安打3失点にまとめて、ハーラーダービー単独トップの8勝目を挙げた。栗山英樹監督は「必死になってみんなが一生懸命やっている。どっちに転んでもおかしくない状態なんだけど、結果は別としても、どこのチームよりも勝ちたい気持ちだけは持って向かっていくことが大事だと思う」と粘り強く戦って逆転勝ちした選手たちを称えた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)