初回は茂木の先頭打者弾に加え、ブラッシュに3ラン、ウィーラーにソロ

楽天 – 広島(交流戦・14日・楽天生命パーク)

 広島の床田寛樹投手が、2回途中5被弾7失点の大炎上でKOされた。14日、敵地・楽天生命パークでの楽天戦。初回、茂木に先頭打者本塁打を浴びると、そこから次々に被弾。初回に5点を失うと、2回にも2発を食らいノックアウトされた。

 初回、先頭の茂木に2ボール2ストライクからの5球目を右翼スタンドへ運ばれ、先頭打者本塁打を浴びた床田。続く島内にも右前安打、浅村に四球を与え、ブラッシュに18号3ランを食らった。さらに2死となってからウィーラーにもソロ本塁打を被弾した。

 これだけでは終わらなかった。2回には先頭のドラフト2位ルーキーの太田にプロ初本塁打を献上。さらに、浅村にも右翼席へのソロ本塁打を食らった。2回でまさかの5被弾。2回もたず、1回2/3で6安打5被本塁打で7失点を喫して降板。今季ここまでローテの中心として、5勝をマークしている左腕だったが、まさかの大炎上KOとなった。(Full-Count編集部)