大会2日目は、加藤万豊(政経2=いなべ総合)が出場。惜しくも準決勝で敗れたものの全日本の舞台で初勝利を挙げた。表彰台入りを目指し3日目の3位決定戦に挑む。

◆6・13~16 全日本選抜選手権(駒沢体育館) 

▼グレコローマンスタイル55キロ級

 加藤――3位決定戦進出

 昨年度の関東学生秋季新人戦でグレコローマンスタイル55キロ級を制し、今大会への出場権を獲得した加藤。初戦は山口純平(日体大)と対戦した。第1ピリオドを0-1で終え、迎えた第2ピリオド。開始1分半で「相手が仕掛けてきそうだったので先に仕掛けた」と先手を取り、豪快な投げで4点を獲得した。その勢いに乗り、さらに4点を追加し優位に試合を展開。試合時間残り1分にはスタミナ切れを見切られ、あわやフォール負けという危ない場面もあったが「気合で乗り切った」。力が緩んだ一瞬のスキを見逃さず体を反転させ回避。そのまま試合は終了し、見事に全日本初勝利をモノにした。続く準決勝では天皇杯8位の小野弘運(徳山大)に0-5で敗れはしたが「全日本は他と全然雰囲気が違う。勝てたことはうれしい」と確かな自信を手にした。

  

 3日目には3位の座を懸けて大谷康太(マルワジム横浜)と対戦する。「最高のコンディションで臨みたい」。万全を期して今大会の目標である表彰台入りを目指す。

  

[長沼遼太]

試合後のコメント

加藤

――初戦を振り返っていかがですか。

 「正直勝てると思っていませんでした。ただ、チャンスは試合の中でいくつかあると思っていたので、そこをモノにできたらという感じで試合に望みました。それがうまくはまって相手の技にカウンターで点数稼ぐのがうまくできました」

  

――組み合わせを見た時の率直な心境を聞かせてください。

 「組み合わせ的にはすごく良かったのでもしかしたらという感じはありました。とりあえず一戦一戦勝ち抜いて、気分的には決勝まで行くつもりでした」

――全日本の舞台で初勝利となりましたが心境を聞かせてください。

 「全日本は他とは全然違う緊張感もあるのでそこで勝てたのはすごく自信になりました」

――4点を返した場面を振り返っていかがですか。

 「相手が技を仕掛けてきそうだったので、監督からも言われていた通り先に先に技を仕掛けていったのが繋がったのだと思います」

――危うくフォールされかけた場面もありました。

 「その時は正直バテて守る体力もなくてそのままフォールされるかなと思いましたけど最後は気力で乗り切りました」

――明日への意気込みをお願いします。

 「表彰台を目標としているので明日最高のコンディションで臨んで表彰台に上がりたいです」