写真:長崎美柚(左・JOCエリートアカデミー/大原学園)と木原美悠(JOCエリートアカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

<ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯(札幌) 2019年6月12日~6月16日>

14日、ジャパンオープンの女子ダブルス準々決勝で木原美悠(6月世界ランキング60位・JOCエリートアカデミー)/長崎美柚(同39位・JOCエリートアカデミー/大原学園)組が中国香港のペアを退け、ベスト4入りを決めた。

長崎はこの日のシングルス1回戦で元世界ランキング1位の朱雨玲 (同4位・中国)を破る金星をあげており、絶好調。3ゲーム目は落としたものの、それ以外のゲームは相手を寄せ付けず、木原との息の合ったプレーで快勝した。

木原はこの勝利に「一番大事にしていることは2人で話し合うこと、1本とったら目を合わせること。そうすることで2人の調子があがってくる」と抜群のコンビネーションの秘訣を語った。

女子ダブルス準決勝は、15日11時より行われる予定。木原/長崎組の次の対戦相手は中国の孫穎莎(同18位)/王曼イク(同5位)に決まっている。シングルスに続く大物食いなるか、注目が集まる。

ジャパンOP3日目 女子ダブルス準々決勝結果

○木原美悠/長崎美柚 3-1 李皓晴/呉穎嵐(中国香港)
11-5/11-6/2-11/11-6


文:ラリーズ編集部