写真:吉村和弘(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

<ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯(札幌) 2019年6月12日~6月16日>

14日、ジャパンオープンの男子シングルスで決勝トーナメントが始まった。1回戦で、吉村和弘(6月世界ランキング49位・東京アート)と丹羽孝希(同13位・スヴェンソン)による日本選手同士の対戦が行われ、吉村がゲームカウント4-2で勝利を収めた。5月末の中国オープンでは丹羽がストレートで吉村を下していたが、今回は吉村がリベンジを果たす形になった。

張本智和(同4位・木下グループ)、大島祐哉(同25位・木下グループ)も1回戦に臨んだが、それぞれ中国の孫聞(同599位)、許キン(同3位)にストレートで敗れ、上位進出はならなかった。張本は前年の同大会で優勝しているだけに、敗戦後に悔しさをにじませた。

吉村は次の2回戦で樊振東(同1位・中国)と対戦する。試合は14日19時20分より行われる予定だ。

ジャパンOP3日目 男子シングルス1回戦結果




写真:張本を下した孫聞(中国)/撮影:ラリーズ編集部

張本智和 0-4 ○孫聞(中国)
8-11/5-11/7-11/8-11

大島祐哉 0-4 ○許キン(中国)
9-11/10-12/4-11/8-11

○吉村和弘 4-2 丹羽孝希
11-4/1-11/11-9/13-11/5-11/15-13

文:ラリーズ編集部