初回に放った弾丸3ランが決勝弾、プホルスの2ランで得点し全5得点に絡む

エンゼルス 5-3 レイズ(日本時間14日・タンパ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地レイズ戦で日本人メジャーリーガーとして初となるサイクル安打を達成した。「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。初回の第1打席で左腕ヤーブロウから、いきなり先制の3ラン本塁打を放つと、第2打席で左中間を破る二塁打、第3打席でも三塁打を放って快挙に王手。7回の第4打席で中前にシングルヒットを放ち、エンゼルス史上7人目(8度目)となる偉業を成し遂げた。大谷が4打数4安打1本塁打3打点の大活躍。エンゼルスも5-3で勝利し、快挙を白星で飾った。

 初回、ラステラの右翼線二塁打、トラウトの死球で作った無死一、二塁の絶好機で打席に立った大谷。1ボール1ストライクからの3球目に快音を響かせた。ヤーブロウの投じたボールを捉えると、打球は弾丸ライナーで左中間スタンドへと突き刺さる先制の8号3ランに。打球角度19度という驚愕の弾丸ライナー弾がいきなり飛び出した。

 3回の先頭打者で迎えた第2打席では左中間を真っ二つに破る二塁打。さらに、5回の第3打席ではフルカウントから右翼線への三塁打。第1打席から本塁打、二塁打、三塁打と次々に快音を響かせ、単打を残してサイクル安打に王手をかけた。続くプホルスの2ランで4点目のホームを踏み、この日チームが奪った5点全てに絡んだ。

 快挙達成の瞬間は、7回2死一塁に訪れた。第4打席に立った大谷は3ボール2ストライクから2球ファウルで粘り、8球目を捉えた。大幅に一塁側に内野手が寄る“シフト”の中で、遊撃手の頭上を超える中前安打。シングルヒットを放ち、サイクル安打を達成した。サイクル安打達成はエンゼルスでは2013年5月21日のマリナーズ戦で達成したマイク・トラウト外野手に続き、史上7人目(8度目)の快挙になった。

 大谷の先制3ランでリードを奪ったエンゼルスは先発のスカッグスが5回7安打3失点と力投。4回のレイズの攻撃中に停電のため、36分間の中断があったものの、なんとか堪えた。2番手のラミレスが2回2/3を抑えるなど、リリーフ陣が無失点でつなぎ、逃げ切り。大谷の日本人初のサイクル安打達成という快挙を、見事に白星で飾った。(Full-Count編集部)