阪神電気鉄道は、夏の全国高等学校野球選手権大会の開催期間中、甲子園駅の列車接近メロディをABCテレビ「熱闘甲子園」のテーマソング『光と影の日々』に変更する。

列車接近メロディの変更は、阪神甲子園球場で2016年8月7日(日)から、夏の全国高等学校野球選手権大会が開催されることに合わせて実施。熱闘甲子園のテーマソングに選ばれたAKB48の新曲「光と影の日々」を列車接近メロディのためにアレンジし、限定バージョンとして使用する。編曲は、音楽プロデューサーの向谷実氏が行った。

変更期間は、8月7日(日)始発~大会終了日の終電まで。甲子園駅限定で、列車接近時に「光と影の日々」のサビの部分を10秒間放送する。夏の大会で甲子園駅列車接近メロディを高校野球大会に関連した曲に変更するのは、今回が4回目。甲子園駅の名物施策として実施されている。