西武―巨人3  4回巨人2死二、三塁、3ランを放ち、ガッツポーズして一塁に向かう炭谷=メットライフドーム【写真提供:共同通信社】


■炭谷銀仁朗(読売巨人)
○8-2vs埼玉西武(メットライフ)
打撃成績/一犠打、左本③、空三振、遊ゴロ

 読売巨人の炭谷銀仁朗が、昨年までの本拠地でお立ち台に立った。1点リードの4回、2死2、3塁の場面で打席に入った炭谷は、初球のストレートをレフトスタンドに運んだ。「ツーアウトからだったので、なんとか追加点が欲しいと思った。うまく打てた」という一発は、今季2度目の先発となった桜井の3勝目をアシストする一打となった。

 昨季まで埼玉西武に在籍し、FAで巨人に移籍した炭谷だが、小林誠司との併用に大城、宇佐見真吾などライバルも多く、この日も含めて26試合の出場にとどまっている。交流戦でも併用の状況は変わっていないが、古巣の埼玉西武戦では2試合連続で先発マスクをかぶり、チームを交流戦3カード連続勝ち越しに導く活躍を見せた。昨季までとは反対サイドとなる一塁側でヒーローインタビューを受けた炭谷は「いいところを見せられてよかったと思います」と、やや複雑な表情で喜びを噛み締めた。

 昨季も8勝10敗と負け越すなど、交流戦を苦手としているチームが、3カード連続勝ち越しで6勝3敗の3位と健闘している。炭谷は「毎年、交流戦の結果でチームが勢いづいたり、失速したりする事がある。交流戦優勝を目指して、勢いをつけてシーズンに戻れるように、1試合1試合頑張っていきたい」と意気込んだ。

 近年の結果から「パの方が強い」という印象が強い交流戦だが、昨季リーグ優勝したチームの捕手の移籍は、セでは最上位をキープしているチームの大きな原動力になっている。