種市は7回5安打1失点の好投で4勝目をマーク

ロッテ 3-1 DeNA(交流戦・13日・ZOZOマリン)

 ロッテは13日、ZOZOマリンスタジアムにて行われたDeNA戦を3-1で勝利し連敗を3でストップさせた。先発の種市は7回5安打1失点の好投で4勝目を挙げた。

 ロッテは初回、プロ2度目の先発となったDeNA阪口の立ち上がりをとらえた。先頭・荻野が二塁打で出塁すると、1死から清田が一、二塁間を破る右前適時打で先制。さらに1死一、二塁からレアードが左前適時打を放ちこの回、2点を奪った。2回には、2死一塁から鈴木が右越えへタイムリー二塁打を放ちリードを広げた。

 投げては先発の種市が5回にソトに3試合連続となる18号ソロ本塁打を許したものの、要所を押さえて7回1失点。その後は8回を酒居、9回を益田が締めて3-1で勝利を収めた。

 試合後、井口監督は「やられっぱなしではいけないので、今日はなんとか最初から行こうという話はしていた。追加点があげられない中、種市がしっかり投げ切ってくれた」と話し、6回二死満塁で3試合連続本塁打のソトを空振り三振に打ち取った場面については「ああいうところで抑えてくれたのは大きい」と、7回1失点好投で4勝目をあげた種市の投球を称賛した。

 これで交流戦も折り返し。ここまで3カード連続負け越しているが「なんとか明日からの3カード。まずは初戦をしっかり取って、勝ち越していけるよう頑張っていきたい」と、かつての指揮官、伊東勤氏がヘッドコーチを務める中日との3連戦へ、気を引き締めていた。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)