打線の状況を危惧も「打って勝てて良かった」

ソフトバンク 3-0 阪神(交流戦・13日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手が13日、値千金の3ランで試合を決めた。7回に飛び出した今季14号は、指揮官も「技あり」と絶賛する一発だった。

 目の覚めるような打球がレフトポールの右側に着弾するのを見届けて、グラシアルは悠々とダイヤモンドを一周した。息詰まる投手戦に決着をつける価値ある3ランだった。試合後は「大竹とチームに勝ちを持ってこれて良かったよ」と胸を張った。

「打線に元気がなく、ピッチャーがいいピッチングをしても打ててなかった。数試合打てなかったが、その間もベンチでデスパイネと『いいボールを積極的打っていこう』と話をしていた。今日は打って勝てて良かった」

 この日は工藤公康監督が「ランナーがいるところで決める一本を打ってほしい」と、打順を3番から5番に変更したが、その期待に見事に応えてみせた。指揮官も「あれは技ありのホームランと言っていい」と、インサイドの球に見事に対応した技術を称賛した。

 工藤監督は「ベンチに帰っても1球1球確認する。本当に研究熱心だよ」と、グラシアルの野球に取り組む姿勢も高く評価している。これで交流戦ではチームトップの11打点。残り3カードでも、セ・リーグの投手から勝負を決める一打を打ってくれそうだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)