2回1死満塁で快足飛ばして決勝内野安打、4回終了時には完投司令も!?

日本ハム 2-1 広島(交流戦・12日・札幌ドーム)

 日本ハムの西川遥輝外野手が12日、本拠地広島戦でプロ初登板初先発したドラフト1位ルーキーの吉田輝星投手の初勝利を援護した。

 1-1の同点に追いつかれた直後の2回1死満塁で広島の先発・大瀬良から一塁へ適時内野安打を放った。「いいピッチャーですよね。さすが去年の最多勝。犠牲フライを打てれば良かったですが、ゴロというところに調子の悪さが出ています」と自虐的に笑ったが、高く弾んだ打球に快足を飛ばして勝ち越し点を奪った。

 吉田輝と石川亮のバッテリーには“直球勝負指令”を出していた。「あれだけの真っ直ぐがあるんだから、真っ直ぐしか投げるなとキャッチャーに言っていました。変化球を打たれて後悔するのは本人なので」と後輩を思ってのゲキだった。

 4回終了時には、吉田輝に完投指令という無茶振りまでしていた。「『最後まで投げろ』と言ったら『行けるところまで行きます』と言っていたのに、5回で(力を)出し切りやがった」と言って報道陣を笑わせながら、投げっぷりの良いルーキーの登場を喜んでいた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)