ラミレス監督も評価「最初の一歩目が早かったことが良かった」

DeNA 6-5 ロッテ(交流戦・12日・ZOZOマリン)

 12日のロッテ戦で、終盤8回に大和が2点勝ち越し打を放ち、勝利を引き寄せたDeNA。その直前には相手の好機をもぎ取る一つの好守があった。

 6回に同点に追いつかれたDeNA。2番手・三嶋がイニング跨ぎで続投した7回、先頭・菅野にバットを折りながらも右翼前に運ばれると、三木が初球で犠打を決め、1死二塁とピンチを招く。続く代打・香月の初球、真ん中低めの変化球をうまく捉えると打球は低いライナーで右翼へ。落ちれば勝ち越しを許す場面。低い弾道の打球に積極的にチャージした乙坂がダイブし好捕。大きな危機を救う好プレーを見せた。

 ラミレス監督も試合後「最初の一歩目が早かったことが良かった」と評した美技。「(守備位置は)定位置ぐらいだった」という乙坂は、「ピッチャーの方もバッターに向かって行っていると思うので、同点ということもあったので、自分も攻めた守備をしようと思っていました」と振り返った。「(守備は)一歩目で結構決まってくるので、僕の場合は低く構えた方がスタートが切りやすいので、そこだけは意識しています。あとはキャッチャーの構えとか、投手と打者の相性とか、そこは状況を見ながら」。投手が投げる前の段階から、大切な一歩目を踏み出すための準備は怠らないようにしている。

 この日は好守の他にも、2回のバント安打、そして8回の決勝打へとつながる貴重な二塁打を放つなど打撃でも結果を残した乙坂。これで3試合連続安打となったが「(打つ方は)良かったり悪かったりですが、継続して自分のスイングができるように、これからもやっていきたい」とあくまで謙虚に自分の技術と向き合っている。

 思えば2014年、プロ初打席で初本塁打を放った舞台も、当時はQVCマリンフィールドの名称だったZOZOマリンスタジアム。今カード初戦も適時打を放ち、この日は攻守で活躍するなど、乙坂にとって幕張の地は好相性のようだ。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)