和田は今季初黒星、6回に梅野と勝負させ「僕のミスです」

阪神 8-2 ソフトバンク(交流戦・12日・ヤフオクドーム)

 12日、ソフトバンクは先発の和田毅が6回途中4失点で今季初黒星。ブルペン陣も次々と失点を重ね、試合は一方的な展開となった。

 ソフトバンクは3回に福田秀平の内野安打で1点を先制するも、直後に和田が梅野の2ランで逆転され、6回にも3安打を集められて2失点。和田は5回1/3、107球、4失点でマウンドを降りた。2番手の高橋純平と3番手の松田遼馬もそれぞれ2点を失い、点差はどんどん広がっていった。

 工藤公康監督は、先発の和田について「粘り強く投げていたと思います。4回くらいからリズムが良くなってコントロール良く投げていたことは評価しています。(100球を超えて)少し球威は落ちてきたようですが、あそこまで投げたことは本人の感覚として悪くないと思います。(6回に梅野と)勝負させたことは僕のミスです」とした。

 打線は福田がタイムリー内野安打と2試合連続となる4号ソロを放つ活躍を見せるも、チーム全体でわずか4安打。前日の延長12回5安打に続き、梅雨入りを思わせる湿りっぷりだ。この日は松田宣浩と内川聖一がともに併殺打に倒れるなど、ベテランのバットに快音が聞かれなかった。

 阪神の先発・青柳を「良かったですね」としながら、ベテランの主軸には「ここまでやっていれば疲れもあるし、打てないこともあります。今日も内川くんに聞いたら『最後まで行きます』ということだったので、その気持ちを大事にしたい。常にゲームに出ながら結果を出してもらうということに変わりはないです」とした。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)