広島相手に1点のリードを守る、5回は3者凡退の快投

日本ハム – 広島(交流戦・12日・札幌ドーム)

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・吉田輝星投手が12日、本拠地・広島戦でプロデビューし、5回まで1失点の好投。1点のリードを守り、プロ初勝利の権利を持って降板した。

 初回、吉田輝は先頭・長野には右前打、2番・菊池涼には四球を許す。バティスタはカーブで三ゴロも4番・鈴木には四球で1死満塁の大ピンチ。しかし、西川は140キロの直球で3球三振。磯村はカーブで三ゴロに仕留め、31球を要したものの無失点に抑えた。

 打線はその裏に大田が先制ソロ。援護をもらった吉田輝は2回、簡単に2アウトを奪った後、田中にはカーブをライト前に運ばれた。長野には直球を左中間に運ばれ、適時二塁打でプロ初失点。それでも、菊池涼は遊ゴロに仕留めて勝ち越しは許さない。

 打線はその裏、西川の適時内野安打で1点を勝ち越す。吉田輝は3回、バティスタを遊直、鈴木を右飛、西川は左飛とクリーンアップを抑え、この試合初めての3者凡退に抑えた。さらに、4回は磯村を空振り三振、安部を二ゴロの後、會澤には右中間を破られて二塁打とされるも、田中は三邪飛。2回以降は無失点投球でリードを守る。

 5回は長野を左飛、菊池涼を空振り三振、バティスタを右飛。2度目の3者凡退に抑え、5回84球、4安打2四球4奪三振1失点で降板。プロ初勝利の権利を手を持ってマウンドを降りた。(Full-Count編集部)