『Sports Japan GATHER』で提供するサービスの1つ“GATHERキャリアサポート”。柔道・男子100キロ超級の原沢久喜に次いで、女子レスリング・中村未優が、2人目の契約者となった。

主なサポート内容は、キャリアサポート業務(所属先企業、支援企業の開拓・提案及び紹介、キャリアプランニングのアドバイス及びコンサルティング、スポンサーの開拓、契約締結その他のサポート)、キャスティング業務など。アスリート自身が目指す方向性に対して、きちんと行動し自立していけるためのサポートを行う。

中村は、商学部でマーケティングを専攻する大学3年生(20歳)。5歳よりレスリングを始め、埼玉栄中等部に進学後、頭角を現し2013年には全国中学校選手権大会にて優勝。15年、アジアカデット選手権大会、そして16年には世界ジュニア選手権にて優勝。

18年からは、日本レスリング協会2020強化アスリートとして選出。19年5月にウクライナで開催されたキエフ国際大会にて、世界ランキング2位の選手に快勝し、シニアカテゴリーの国際大会初優勝を果たすなど、世界最速のアタックと技術を武器に、2020年東京大会での金メダル獲得が期待されている。 「海外遠征・トレーニング・コンディショニングなど、トップレベルで勝ち抜くためには、今後も多くの費用が掛かります。サポートしていただく支援企業を探したのですが、大学生ということもあり、十分な環境を整備することが難しいというのが、現状です。

今回、ご提案いただいたキャリア形成支援を含めた契約内容であれば、私が抱えている悩みを解消していただけると思い決めました。主に、支援先企業の開拓・提案及び紹介、そしてレスリング普及などの活動をサポートしていただく予定です」(中村)

レスリング選手として、今後さらなる活躍が期待される中村。日本を代表する選手に成長するように、全力でサポートをしていく。

取材・文/太田弘樹

【プロフィール】
中村未優(なかむら・みゆう)
1998 年7月 13 日生まれ、埼玉県出身。Sports Design Lab所属。5歳よりレスリングを始め、埼玉栄中等部に進学後、頭角を現し2013年には全国中学校選手権大会にて優勝。その後、日本レスリング協会の発掘・育成プログラムの対象タレントとして養成され国内外にてタイトルを獲得。15年、アジアカデット選手権大会、そして16年には世界ジュニア選手権にて優勝。18年からは、日本レスリング協会2020強化アスリートとして選出。19年5月にウクライナで開催されたキエフ国際大会にて、世界ランキング2位の選手に快勝し、シニアカテゴリーの国際大会初優勝を果たすなど、世界最速のアタックと技術を武器に2020年東京大会での金メダル獲得が期待されている。

【GATHERキャリアサポート】
キャリアサポート業務(所属先企業、支援企業の開拓・提案及び紹介、キャリアプランニングのアドバイス及びコンサルティング、スポンサーの開拓、契約締結その他のサポート)、キャスティング業務など。アスリート自身がきちんと行動し、自立していけるためのサポートに従事。『Gatherキャリアサポート』についてのお問い合わせはこちらから。