本拠地ドジャース戦で「3番・指名打者」で3試合ぶり10度目マルチ

エンゼルス – ドジャース(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のドジャース戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場し、前田健太投手と340日ぶりに対戦。初回の第1打席で先制の右越え7号ソロを放つと、7回の第4打席では右前打を放った。3試合ぶり今季10度目のマルチ安打をマークした。

 初回2死、前田のフルカウントからのスライダーを完璧に捉えた。右翼席へライナーで飛び込む先制7号ソロとなった。飛距離416フィート(126.7メートル)、打球速度108マイル(約173.8キロ)、打球角度21度、最高到達点60フィート(約18.3メートル)の弾丸ライナー弾。8日の本拠地・マリナーズ戦では4回に花巻東高の先輩にあたる菊池雄星から3者連発となる6号ソロを放っており、日本人投手からシーズン2本塁打を放ったのは日本人初だ。

 大谷は前田とエンゼルスタジアムで行われた昨年7月6日(同7日)に対戦。空振り三振、遊飛の2打数無安打に抑えられていた。メジャー2度目の対決へ、大谷は「打席の中でどう見えるかわからないですけど、日本人の投手とできるのはシーズンの中でも数回しかない。それは楽しみかなと思います」と意気込んでいたが、340日ぶりの対決で豪快アーチを放った。

 2回2死一塁では前田のチェンジアップで空振り三振。5回1死では2番手左腕ファーガソンに見逃し三振を喫した。再びバットが火を噴いたのは7回2死。3番手右腕バエズからバットを折りながらも右前へ落とした。8日のマリナーズ戦以来3試合ぶり、今季10度目のマルチ安打をマークした。続くカルフーンの打席では二盗を決めて、今季初盗塁をマークした。(Full-Count編集部)